NEXとは?分散型取引所の問題を解決できるの?

仮想通貨を扱う取引所は、色々な形式で取引の場を私達に提供しています。

完璧にセキュリティを守るシステムが構築される前に投機的ともいえるユーザーの要望に応えようとして問題が起きました。

その後ICOを開催するプロジェクトの中にも、従来の取引所の問題を解決する方針をホワイトペーパーに記載しています。

現在ICO開催中のNEXと呼ばれるDEXでは、従来の取引所とDEXの抱える問題を解決しようとしています。

さらには銀行のような従来の金融機関のように資産運用をブロックチェーン上で行うことも目指しています。

それぞれの取引所や従来の銀行に特徴やデメリットがあるように、ユーザーの希望通りに何役をこなすのは難しいと考えられています。

NEXはどのようにして初心者の方から頻繁に取引を行う方まで、安心できる取引を可能にするのでしょうか?

NEXについて詳しく知るため次に挙げる各取引所の問題を理解していきましょう。

中央集権型取引所と分散型取引所(DEX)

DEX(分散型取引所)は中央管理者がいない、自力で稼働してブロックチェーン上で仮想通貨のやり取りができる取引所のことです。

中央集権型取引所における問題を解決すべく、次世代型の取引所として開発されました。

従来の中央集権型取所では、常にユーザーの資金がハッカーの危険にさらされ、プラットホーム管理者による資産の管理を余儀なくされています。

マウントゴックスを始め、記憶に新しいのがNEMの流失事件です。

このふたつの事件はトップランカーであるが故に損失額が大きく取引量が盛んな人気の取引所ほど、ハッカーにとって一度に多くのユーザーの資産を奪うには格好の標的になります。

一方、DEX(分散型取引所)ではユーザーは自分で資産を管理できますが、チェーン全体の処理速度が大量の注文を処理するには遅すぎます。

取引における注文をオフチェーンで受け、それ以外のトークンの取引を行う時だけオンチェーンで受けるので、手数料を抑えることは出来ましたが、既存のDEXでは指値注文などの複合注文を受けることはできません。

NEXとは?

NEXとはNeon exchangeと呼ばれる分散型取引所のことです。

NEXは市場通貨の中で人気のNEOのプロジェクトです。

NEXのことを詳しく知るには、まずNEOの特徴について知る必要があります。

NEOはブロックチェーン上に分散型アプリケーション(Dapps)を開発するためのプラットホームです。

仮想通貨について、興味がある方はもうお気づきになったと思いますが、この特徴的はあるプロジェクトに似ていますね。

NEOは中国版イーサリアムと呼ばれ、様々なプログラミング言語でスマートコントラクトを実装できます。

スマートコントラクトを実装していることから、NEOとイーサリアムはよく比較されますが実際にはイーサリアムとは全く異なる性質を持っています。

NEOとイーサリアム の違いはどこにあるかというと、それぞれのブロックチェーン上のブロックの生成の過程やトランザクションの処理の仕方にあります。

NEOはUTXOベースであること、イーサリアムはEVMと呼ばれるネットワーク上で動作する仮想マシンがあることが大きな違いです。

UTXOは、未使用のトランザクションの出力です。

わかりやすく例えると、注文がマッチしてコインを送金するとUTXOが生成されます。

このトランザクションの送金こそが、未使用のトランザクションのベースになります。

このUTXOは着金すると消費する形で使用され、次のトランザクションの送金があると、新たにUTXOが生成されます。

この繰り返しがチェーンのようにつながります。

つまりNEOは使用済みUTXOのチェーンを通じて、資金が送受信されているので取引後の残高にお釣りがあった場合は、別のアドレスが必要になります。

取引の流れでお釣りがあった場合、チェーン上で計算するには複雑で、イーサリアムのようにお釣りがあった場合などの変更に容易に対応できません。

イーサリアムのEVMはトランザクションの処理を行なっています。

UTXOとは違い、同じブロックチェーン上でも、一時的に注文が完了するまでのデータの仮保管ができるメモリと記録として残すべきデータをそれぞれ分けて保管しています。

スマートコントラクトで取引が実行されるときこの別々に保管していたデータを同時に呼び出すことができるのです。

イーサリアムのスマートコントラクトでは特定の日付を設定したり、取引後の残高を明確にすることが可能です。

NEOのベースにはないイーサリアムのスマートコントラクト上でNEOとプログラムがなんらかの方法でやりとりする方法が必要です。

そこで開発されたのが、XNEOです。

NEXの目指すものとは?

決済サービスを提供するXNEOトークンとは?

NEXは分散型取引所であるとともに、決済サービスを提供したいと考えています。

取引の残高や変更に柔軟に対応できるイーサリアムのブロックチェーンとNEOのブロックチェーンを繋げる手段にXNEOというトークンを発明しました。

XNEOトークンは、NEOよりスマートコントラクトを容易に送受信できます。

XNEOはNEOと同額であり、NEXをプラットホームにしてトークンに変換されます。

XNEOがNEOとイーサリアム の特徴を最大限に生かすために橋渡し役を担っています。

少しややこしいですが、NEOはイーサリアムのように、注文に対して柔軟に対応できるスマートコントラクトを搭載していません。

NEOとイーサリアムは全く異なった性質の取引の記録の流れがあるため、チェーン上に送られたNEOを一旦、XNEOに変化させスマートコントラクトを呼び出すのです。

トランザクションが無事完了すると変化したXNEOトークンの残高は0になります。

それは取引終了後変化したXNEOトークンは再びNEOに変換されるからです。

NEXの流動性を確保するために

もうひとつNEXが目指していることは、従来の中央集権型取引所のような流動性を持ちつつ、DEXの持つセキュリティを組み合わせることです。

そのためにはオフ・チェーン・マッチング・エンジンと呼ばれる機能を利用します。

ブロックチェーンに基づき、DEXのアカウントモデルを維持しながら成立した注文をオフチェーン上で署名して保存します。

NEOは作業証明(コンセンサス・アルゴリズム)にDPFT を採用しており、処理能力に優れていて1秒に1000回の取引を可能にしています。

NEXではNEOの持つ取引能力にさらに高機能ハードウェアを利用することで、毎秒10万回以上の取引で流動性を確保できるとしています。

NEXはどこで買える?ICOについて

NEXは現在ICO開催中です。

この最強とも呼べるプロジェクトのICOは参加するにも、抽選方式をとっています。

事前登録は終了してます。

この抽選はRound1とRound2の2回予定されていますが、すでに最大購入価格が$1000と制限があることと注目度の高さから売り切れの可能性があります。

第1回目の抽選結果は4月1日に発表でした。

ICOに参加するにはNEXExtensionをインストールする必要があります。

これは Google Chromeの拡張機能を使ってNeon Wallet を管理し、送金やトークンの受け取りをします。

当選した方は4月中にトークンセールに参加できます。

まだ詳しい発表はありませんが、いくつかの取引所がNEXをリストしたいと考えているようです。

トークンセールに参加できなかった方は、セール後の発表を待ちましょう。

NEX公式ホームぺージ https://neonexchange.org/

NEXの今後と将来性は?

このようにDEX は仮想通貨市場における問題を優れた技術を持つNEOとイーサリアムの機能を掛け合わせることで解決することに成功しました。

今後NEXは、今までのDEXにはなかった指値注文などのユーザーからの細かな要望に対応できることや、分散型の銀行としての機能を果たすことを発表しています。

今後のロードマップ はNEOとイーサリアムネットワークに基づいて、イーサリアムやERC20トークンとクロスチェーン取引を可能にします。

今年中にメインネットに繋がれたウォレットのリリースとNEXの取引を開始させ、2019年に分散型バンキングチェーンのスマートコントラクト資産管理を予定しています。

ICO開催前からICO評価サイトで高評価を受けていたNEX。

プロジェクトはもちろんNEXトークンの価値の上昇も期待されています。