「Zaifアプリ」で何ができる?

Zaifアプリとは?で何ができるか?

Zaifアプリはウォレットの機能と取引所の機能があります。

まず、ウォレットというのは仮想通貨を管理・保管する為のものです。

このウォレットを使うことでアプリで仮想通貨を管理・保管することができます。

 

気をつけなければならないのは、このウォレットはホットウォレットであるという点です。

ウォレットにはコールドウォレットとホットウォレットがありますが、コールドウォレットはオフラインの財布、ホットウォレットはオンラインの財布です。

Zaifアプリで使えるのはオンラインの財布、つまりホットウォレットということになります。

ホットウォレットはコールドウォレットに比べるとハッキングのリスクが高まります。

スマホの管理を自分でしっかりする必要があります。

 

また、ウォレットは仮想通貨の保管だけでなく、仮想通貨の出し入れも可能です。

仮想通貨を送りたいときは送金機能を使って相手方のアドレスと送りたい数量を入れれば使えます。

仮想通貨の種類によって送金時に必要なアクションが変わってきたりするので注意が必要です。

ウォレットに仮想通貨を入金したい場合は送金の場合と逆に相手方の送金機能から自分のアドレスを入力して送れば大丈夫です。

そして、取引所は仮想通貨の売買をするための場所です。

取引所を使わなければ仮想通貨を購入することはできません。

ここで仮想通貨を買ったり売ったりすることで差益を得たり、そのまま仮想通貨を持っておいて実社会で使ったりすることができます。

取引所のウォレットアドレスで仮想通貨を管理することもできますが、昨今の取引所のハッキングリスクを考えると、自分のウォレットで管理する方がハッキングのリスクは低くなると思います。

Zaifの口座開設はこちら

 Zaifアプリはソフトウェアウォレット?どうゆうこと?

Zaifアプリはソフトウェアウォレットです。

紙や機器で保管するタイプのハードウェアウォレットと違い、ソフトウェアウォレットは常にオンラインで繋がっています。

そのため、ハッキングリスクのことも考える必要があります。

ですが、携帯そのものがハッキングされない限りウォレット内の仮想通貨は安全ですので心配しすぎることはありません。

Zafiアプリのインストールでの注意点

Zaifアプリをインストールする際に気をつけることはひとつだけあります。

Zaifアプリのウォレットは万が一携帯が壊れたり、携帯を変えた場合に復元することができるのですが、アプリをインストールした際に「復元パスフレーズ」といういくつかの単語が提示されます。

「パスフレーズ」は絶対に無くさないようにどこかに書き留めておきましょう。

もし、携帯が壊れてしまったりして、Zaifウォレットに入れてる仮想通貨が引き出せなくなったと思っても

「パスフレーズ」があればウォレットの中身を復元することができるからです。

Zaifアプリのメニュー構成について

Zaifアプリのメニューは全部で6つあります。

一つ目のトップではBTCとXCPという仮想通貨の送金を行うことができます。

二つ目の受け取りはビットコインの受け取りをすることができます。

三つ目のZaifではZaifのサイトにログインすることで仮想通貨取引を行うことができます。

四つ目の取引所ではトークンやXCPの直接取引を行えます。

Zaifのサイトでの売買と違って、個人間で直接売買することができるのであらゆるトークンを取引できます。

五つ目の履歴では自分が行なったアクションの履歴を見ることができます。

最後の六つ目のmenuでは自分のビットコインアドレスを見れたり、サポートへの連絡、アプリの設定などが行えます。

Zaifアプリのメニューの「トップ」でできることは?

ZaifアプリのトップではビットコインとXCPの送金を行えます。

また現在どのくらいのビットコインやXCPを保持しているかを円換算で見ることもできます。

Zaifアプリのトップに出てくる「XCP」とは?

XCPとはカウンターパーティーで発行されたトークンの一つです。

カウンターパーティーはビットコインのブロックチェーン上で動く、オープンソースのプラットフォームです。

XCPの最大の特徴は独自のトークンを自由に発行することができるという点です。

この機能が広がれば個人、団体問わず気軽にトークンを発行してそれに価値が認められるトークンエコノミーが実現できます。

Zaifアプリのメニューの「受取り」に表示されるバーコードはどうやって使うの?アドレスって何?

受け取りに表示されるバーコードはスマホで読み込むことで仮想通貨のアドレスを簡単に入力することができます。

例えば、Zaif以外の取引所から仮想通貨を送金したい時などにスマホでバーコードを読み込む機能がその取引所にあれば楽にアドレスを入力することができます。

アドレスとは仮想通貨の送金時に使う住所のことで、ブロックチェーン上の保管場所を示すものであると考えるとよいです。

Zaifアプリのメニューにある「取引所」で何ができる?

取引所では様々なトークンを直接的に個人間で取引することができます。

Zaifのサイトで扱われているトークン以外にも取引することができるので有効的に活用できます。

トークンによっては買い手がいなかったり、売り手がいなかったりするので注文の価格は注意してみる必要があります。

Zaifの口座開設はこちら