ビットコインってなんだろう?

ビットコインってなんだろう?

最近よく耳にする「ビットコイン」とは、一体何なのでしょうか。

ビットコインは暗号通貨の一種でナカモトサトシという日本人によって開発されたものと言われています。

ビットコインは決済通貨として国に認められてモノやサービスへの支払いや、個人や企業に対して送金することができます。

一般的な通貨であれば、送金手続きの際に手数料や時間がかかる場合があります。

こうした送金の煩わしさに柔軟に対応できることもビットコインの発展が期待される一要因となっています。

将来的には、一般的な通貨のような流動性と信頼性を兼ね備えつつ、利便性に長けた通貨として私たちの生活に無くてはならない存在になっているかもしれません。

暗号通貨(ビットコイン)は、将来的な可能性を大いに秘めた新しい金融システムです。

ビットコインの仕組みって?

一般的な通貨との違いは、その管理方法によります。

米国ドルや日本円は国家機関である中央銀行によって管理運用されています。

しかし、ビットコインはこのような管理運用機関を持っていません。

その代わりにブロックチェーンと呼ばれる技術を利用して、コンピューターネットワーク上に分散した取引台帳により管理運用されています。

偽造や二重払い等は、この取引台帳システムによって流通の整合性を保証し偽造等の不正取引を防いでいるのです。

最新のコンピューター技術によって生み出された新しい取引システムです。

信頼性や安全性はこれからも、どんどん発展していくでしょう。

ビットコインを採掘する?マイニングってどうゆうこと?

ビットコインはマイニングと呼ばれる採掘で生み出されています。

ビットコインのシステムを維持運用するためには、コンピューターによる膨大な計算量が必要とされています。

この計算を行うために、有志によるコンピューターリソースの提供を受けています。

このコンピューターリソースの提供の見返りとして新規にビットコインが支払われています。

また、マイニングには制限があり、無限に採掘できるものではありません。

採掘限度に達したところでマイニングはできなくなります。

ビットコインを大量に生み出すために、巨大な施設を有し日々マイニングに励んでいるような企業や集団もあります。

現在でも有志によるコンピューターリソースの提供により、ビットコインが採掘されているのです。

ビットコインのチャートはどこで見る?

ビットコインは、日々価格が変動しています。

将来的にビットコインは有望な投資先とみなした投資家が、投資目的でビットコインを取引しているからです。

ビットコインにも、株や為替のようにチャートがあります。

そのチャートを見ることができるサイトは、ビットコイン取引所を運営しているサイトが一番最新で分かりやすいです。

最もビットコインユーザーに選ばれている取引所はビットフライヤーです。

ビットフライヤーは大手のベンチャーキャピタル等が出資しており、安全性や信頼性の面で一番利用しやすいビットコイン取引所だからです。

ビットフライヤーで口座開設をするとスマホアプリでのチャートの確認も可能ですので、いつでもどこでもビットコインの価格水準を確認することができますし、ビットコインや他の暗号通貨の取引も行うことができます。

ビットフライヤーで口座を開設してみる

ビットコインの相場を知るには?何を見ればいい?どこから情報を得るの?

ビットコインの相場情報等は、ビットコイン取引所を運営しているサイトが一番、情報量も多く最新のものを確認することができます。

ビットフライヤーでは最新情報や価格情報はもちろん、トレーダー同士によるチャット機能等でリアルタイムでの情報交換も可能になっています。

また、ロイターやブルームバーグのような金融ニュースサイト等でも様々なニュースや専門家の意見等の情報も見ることができます。

ビットコインはインターネット上で様々な情報が飛び交っている状態ですので、きちんとした情報元のある信頼できるサイトを利用していきましょう。

ビットコインは分裂する?分裂したらどうなるの?

ビットコインが分裂するという事を聞いたことがあるかもしれません。

ビットコインが分裂するとどうなってしまうのでしょうか?価値が下がってしまうのでしょうか?

ビットコインが「分裂する」とはビットコインの記録をそのままにして、新たな暗号通貨が生まれる現象を指します。

ビットコインをマイニングしているマイナー達による意見の相違が原因とされています。

新たな暗号通貨は、新たな名前が付けれられ新たに運用されていきます。

保有しているビットコインの量は変わりませんので、新たな暗号通貨がおまけで貰えるようなものです。

新たな暗号通貨が貰えるなんて、少しお得な気分になりますね。

ビットコインに税金はかかるの?売買して利益がでたら?

ビットコインの取引によって得られた利益は税制上、雑所得というものに分類され総合課税になりますので、利益が大きくなれば大きくなるほど税率が上がっていきます。

雑所得は20万円以下であれば非課税となり確定申告の必要はありませんが、20万円を超えると確定申告をして税金を納める必要があります。

税率は、利益額によって決められていますが、5パーセントから45パーセントの範囲内です。

税金を払う必要があるにもかかわらず、税金を払わなければ脱税行為とみなされる可能性があります。

20万円を超える利益を出した場合は必ず確定申告をしてください。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で