Zaifトークンって何?今後の動向は?comsaについても調べてみました。

Zaifトークンって何?

Zaifトークンとは日本国内にある仮想通貨取引所Zaifの運営するテックビューロ株式会社で発行された通貨のことです。

このZaifトークンが発行された目的は、ICOと呼ばれる資金調達のために発行されました。

これは株式にあたるIPOに似ています。

ですが株式と違って配当金がありません。

IPOはどの企業でも安易に参加できないことで、敷居が高く資金調達のための時間をかかります。

ですから比較的、簡単に資金調達できる購入型クラウドファウンデングに近い資金調達で企業の支援を募るのです。

トークン購入者はその企業のこれからのビジネス展開や将来性に期待して購入します。

またトークンの発行数は最初決まってませんでしたが、発行数を決めておく見解を示したことで、Zaifトークンは通貨の価値や希少性をさらにあげることができたのです。

トークン購入者になんらかの特典を約束すると、価格が急上昇することがあります。

Zaifトークンの売買はZaif仮想通貨取引所のみで行われています。

Zaifに口座を開設してみる

Zaifトークン、2018年の動向は?

Zaifトークンの2018年の動向ですが、前半は伸び悩みそうです。

トークンの発行数の制限をするロックアップといわれる計画が予定通り実行していないからです。

NEMプロトコル移行のプロジェクトの先行きがはっきりしないためです。

このNEMとは仮想通貨の名称です。

NEMの持っている機能と今後さらに需要があがることに期待が高まっています。

資金調達の目的で集められたZaifトークンにとって有効な機能をつけたいというテックビューロの考えです。

Zaifトークンは元々ビットコインのシステムを使って生まれたCouterpartyのシステムを利用しています。

Counterpartyは個人や企業が独自に作った仮想通貨を作成できます。

これにより寄付を募ったり、資金を集めることができるのですが、Zaifトークンに使用目的はなく発行数の制限だけでは、価値を持たせることが難しいと考えられます。

そのことから人気のNEMにプロジェクトを移そうという案が発表されたのです。

今後のZaifトークンの動向はNEMとのプロジェクト次第で大きく影響が出そうです。

Zaifトークンの今後はどうなる?将来性は?

Zaifトークンの今後は世界中で検討されている仮想通貨市場の規制が深く関わっています。

日本では仮想通貨の取引所の規制はありません。

中国でICOの規制が禁止されたのを背景に、日本もなんらかの規制の動きはあるでしょう。

これまでのように、簡単にICOで資金調達できなくなるかもしれません。

こうなるとcomsa事業計画にも影響が出るでしょう。

ただ、日本でもブロックチェーンのシステムで経済を活性化させたい意向はあるので、仮想通貨市場の完全撤廃は可能性として低いでしょう。

このままZaifの計画が予定通り進めば、Zaifトークンは日本の新ビジネスを誘導する通貨として知名度が上がると期待している人も多いのではないでしょうか。

 

Zaifの「comsa」って何?

「comsa」とはテックビューロ社でブロックチェーンをビジネスの実用化にむけて開発を目的とするプロジェクトです。

ブロックチェーンとは第三者機関を介さず取引の売買を記録して自動的に実行するものです。

つまり今までは日本と海外で契約して支払いを完了させるには金融機関を通して円を外国通貨に換金するため手数料と時間がかかっていました。

リアルタイムでの決済方法はなかったのです。

このブロックチェーンは仮想通貨を利用するためより手数料を安く、今までとは比べものにならないくらいの速さで取引を完了できます。

またcomsaにおけるプロジェクトはICOをしたい企業のサポートやブロックチェーンをビジネスに実用化できるように、アドバイザーの役割を目指しています。

そのビジネスサイクルの中でトークンを一括管理します。

現在、ブロックチェーンを様々な業種で取り入れられないかという動きがあります。

現状、受け皿になって相談できる機関は国内にありません。

専門サポート機関として活躍の場を増やすでしょう。

Zaifトークンの買い方

ZaifトークンはZaif仮想通貨取引所で購入することができます。

Zaifのアカウントは無料で簡単に取得できますので、この機会に登録の流れを覚えましょう。

アカウントを取得したら、登録メールにZaifからURLが届きます。

そこから必要事項を入力して、本人確認書類をアップロードします。

またZaifに口座を開設しておきましょう。

Zaifに口座を開設してみる

その後テックビューロ社の名で返信不要のハガキが登録住所に届きます。

ハガキに認証コードの記載があるので、「郵送による本人確認」ぺージにアクセスして完了です。

また登録には二段階認証が必要になります。

これは不正アクセスを防ぎ役割があります。スマホに認証アプリがあり無料で取得できます。

認証アプリに不定期な数字が羅列してるので、画面にある数字をそのまま入力します。

数字はその都度変わるので、保存の必要はありません。

Zaif口座に送金をしてログインしたら取引を簡単に始められます。

Zaifトークンのチャートはどこで見る?

Zaifのトークンのチャートは、Zaifにアカウントを取得して登録が完了したら、ログイン画面から見ることができます。

またZaifには専用アプリをスマホにインストールしてチャートを確認することができます。

Zaifアプリはウォレットといって保有している仮想通貨の保管場所でもあります。

Zaifはログイン時、不正アクセスやハッキングを防ぐために、二段認証が必要になりますので、外出先でちょっと確認したいときは、アプリを利用すると便利です。

Zaifトークンの使いみち

Zaifトークンの明確な使い道はありませんが、保有しているユーザーは今後のプロジェクトに期待しているようです。

いますぐ売買に利用するのではなく、トークンの実用化がより明確に示された時に、価格が急上昇するのではないかという見解です。

もちろん、トークンを購入して、企業の支援をしたいという目的もあるでしょう。

またテックビューロ社がcomsaの独自トークンCMSのセールが行われた際、Zaifトークンで購入することが出来ました。

このようにZaifトークンを持っていると、今後Zaifが開催することイベントや新しい通貨が誕生した時に購入することができるのです。

ICOの資金調達のための通貨ではなく、これを持っていることでさらなるプロジェクトが注目された時、いち早く購入できるのがメリットです。

Zaifに口座を開設してみる