bitFlyer(ビットフライヤー)の取引所でビットコインを購入してみる

ビットフライヤーのメニューを見ていると「販売所」「取引所」という表示があることに気づきます。

何が違うのでしょうか?

簡単に言うと、、

「販売所」はビットフライヤーというお店でビットコインを買います。

「取引所」ではビットコインを買いたい人、売りたい人が集まって取引をします。

取引所と販売所の価格にかなりの差があることをご存じでしょうか?

頻繁に売買すればその価格差は積み上がっていきます。

より割安に仮想通貨を買うにはどうすればいいでしょうか?

取引所での取引は不安という方にシェアしたいと思います。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

取引所と販売所の値段の差

同時刻のビットコインの価格を比較してみました。

「取引所」では「板」と呼ばれる、売りたい人、買いたい人の価格と数量が表示されています。

すぐに買うことができる緑色の数字の一番下は「738,583円」です。

同時刻、販売所ではいくらで売っているでしょうか?

756,022円で1BTCを売っています。

その差は756,022-738,583=17,439円

2.3%もの価格差があります。

この価格差(スプレッド)が実質、販売所の販売手数料となっています。

今回はビットコインをより割安に買うために取引所を使ってみます。

ビットコイン「取引所」でビットコインを購入する

メインメニューの「ビットコイン取引所」か「bitFlyer Lightning」を利用します。

「ビットコイン取引所」はとてもシンプルです。シンプルすぎて、かえって初心者はとまどうかもしれません。

「bitFlyer Lightning」のほうが難しそうに見えますが操作や情報もわかりやすく、初心者に丁寧でおすすめです。

「ビットコイン取引所」での購入方法

メニューで「ビットコイン取引所」をクリックします。

今回は2500円分のビットコインを買ってみます。

2500円分のビットコインは何BTCとなるか?電卓で計算してみます。

2500÷738909=0.003383366BTC

ですね。

この画面で概算の値段が出るといいのですが、、

0.0033BTCと入力します。

1BTC=738,440円として2436円になります。

手数料は0.00000495BTCかかりますね。

3.6円ほどです。

数量、値段、手数料を確認したら「コインを買う」をクリックしてみましょう。

するとここで「日本円参考総額」が出てきます。

これでOKなら、「注文を実行する」をクリックします。

チャイム音が鳴って、「注文しました」と表示が出たらすぐ下の「注文履歴」を確認してみましょう。

2段目が今回の取引ですが「完了」と出ていますね。

これでビットコインを0.0033BTC買うことができました。

 

bitFlyer Lightningでの購入方法

メインメニューの「bitFlyer Lightning」をクリックします。

bitFlyer Lightnigメニューの「BTC/JPY」(現物)を選択します。

初心者は、まず「現物」で取引しましょう。

次に「成行」を選択します。

成行きは売りたい人の一番価格の安い順に買っていく取引方法です。

すぐに約定するので初心者にはわかりやすいでしょう。

「数量」を入力します。

bitFlyer Lightnigでは予定価格が入力数量と連動するので便利です。

数量と予定価格、手数料を確認したら「買い」をクリックします。

確認画面が出ます。

取引種類「成行 買い」と数量を確認してOKなら「買い」をクリックします。

成行注文なので「取引履歴」にすぐに「取引済」となりビットコインを買うことができました。

まとめ、少額からでも簡単に買えます

いかがでしたでしょうか?

2500円という少額でも簡単にビットコインを買うことができました。

取引手数料も数円です。0.16%ほどです。

販売所で買うのはお手軽ですが割高となってしまいます。

取引所での購入も慣れれば簡単です。

ビットコインを割安に買うために取引所で少額から試しに買ってみましょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で