コインチェックにあるリップル(XRP)をbitbank(ビットバンク)に送金する

コインチェックのコインの出し入れが2018年3月12日から再開されましたね。

コインチェックはいまだ「みなし」の状態であることから、正式に認可されているビットバンクへリップルを送金することにしました。

リップルを扱っている取引所には、ビットバンク、ビットポイント、QUOINEX(コインエクスチェンジ)があります。

ここではビットバンクへの送金方法をシェアします。

コインチェックからリップル(XRP)をビットバンクに送金する手順

ビットバンク側での操作・預入用アドレスと宛先タグの確認

まず、ビットバンクで「リップル預入用アドレス」を確認します。

ビットバンクのメニュー「入出金」をクリックします。

リップルを送るには「リップル預入用アドレス」だけでなく「宛先タグ」が必要になります。

コインチェック側で慎重に入力しましょう。

そのために、ビットバンクとコインチェックのウィンドウを並べて作業しましょう。

コインチェック側での操作・送金先リストの登録・宛先タグの入力・送金額の入力

コインチェックでは「送金先リストの編集」を選択して送り先であるビットバンクを登録します。

「新規ラベル」に「ビットバンク」と入力します。

新規宛先に「リップル預入用アドレス」をコピーしてきます。

一度登録しておくと、「宛先」で選択できるようになります。

次に重要なのは、「宛先タグ」です。リップルの送受金では必要なものです。

「XRP宛先タグを使用する」にチェックを入れて「宛先タグ」にビットバンクに表示された数字をコピーしてきます。

送金可能額から送金手数料を差し引いた額を送金金額に入力します。

そうしないと残高不足となってしまいます。

例)1172.49 – 0.15 = 1172.34

2018年3月時点ではリップルの送金時間はどのくらいか?

1分ほどでスムーズに送金ができました。

8:26に送金ボタンを押しました。

8:27にはビットバンクで入金を確認できました。

「取引所閉鎖リスク」とうことをいつも意識しておく必要がある

今回のコインチェック取引所におけるセキュリティ体制の見直しによる一時的閉鎖。

その間、コインを送金することは一切できませんでした。

一度買ったら売らないというガチホ・スタンスなら問題ないかもしれませんが、

このまま、取引所が破綻し、コインを取り戻すのに何年もかかるというケースもあります。

多額のコインを保有する場合、取引所を分散して所有するか、ハードウェアウォレットに移して自分で管理することを本気で考えておかなくてはなりません。

そんな時に「Ledger nano S」はおすすめです。

以下の記事で導入の方法をシェアしています。

ハードウェアウォレットLedger nano Sを日本代理店Earth Shipで購入してみました
ハードウェアウォレットLedger Nano Sの初期設定・復元フレーズって何?
ハードウェアウォレットLeger Nano Sの使い方・アプリをインストールしてリップル(XRP)を受け取る