コインチェックにあるイーサリアム(ETH)をbitflyer(ビットフライヤー)に送金する

コインチェックのコインの出し入れが2018年3月12日から再開されましたね。

コインチェックはいまだ「みなし」の状態であることから、正式に認可されているbitflyer(ビットフライヤー)にイーサリアム(ETH)を送金することにしました。

ビットコインを扱っている取引所には、bitclyer(ビットフライヤー)、ビットバンク、ビットポイント、QUOINEX(コインエクスチェンジ)、Zaif(ザイフ)があります。

ここではbitflyer(ビットフライヤー)への送金方法をシェアします。

bitflyer(ビットフライヤー)の口座開設はこちら

コインチェックからイーサリアム(ETH)をbitflyer(ビットフライヤー)に送金する手順

仮想通貨を送金するときに確認するべき重要なこと

仮想通貨を送金する時に何より重要なことは、「送るコインの種類」と「預入れコインアドレスの種類」が同じであることをしっかり確認することです。

「イーサリアム」を送金しようとしているのに、「イーサリアムクラシック」の受取アドレスを貼り付けてはいけません。

名前が似ているようで全く別の通貨です。

日本円の振込みのように相手を間違えたからと言ってコインが戻ってくることはありません。

いわゆる「セルフGOX(ゴックス)」というものです。

常に、今、どのコインを送ろうとしているか?に集中して送金しましょう!

bitflyer(ビットフライヤー)側での操作・「お客様用イーサリアムアドレス」の確認

仮想通貨を送金する時の手順として、まず、送り先のアドレスを確認することから始めます。

まず、bitflyer(ビットフライヤー)で「お客様用イーサリアムアドレス」を確認します。

  • bitflyer(ビットフライヤー)のメニュー「入出金」をクリックします。
  • 入出金の「ETH お預入」をクリックします。
  • 「イーサお預入(bitflyerアカウントへのお預入)」であることを確認します。
  • 「お客様用イーサリアムアドレス」を選択してコピーします。

次の操作はコインチェック側で行います。

MEMO

イーサリアムアドレスは変わることがあります。

コインチェックのように登録するタイプでは注意が必要です。

その都度、「お客様用イーサリアムアドレス」をしっかり確認しましょう。

bitflyerの場合、外部からの預入れはセキュリティーのためすべてチェックされています。

最短1時間、最長で翌営業日までかかることがあります。

コインチェック側での操作・送金先リストの登録・宛先タグの入力・送金額の入力

ここからは、bitflyer(ビットフライヤー)とコインチェックのウィンドウを並べて作業しましょう。

コインチェックでは「送金先リストの編集」を選択して送り先であるbitflyer(ビットフライヤー)のアドレスを登録します。

  • 「新規ラベル」に「ビットフライヤー」と入力します。
  • 新規宛先にbitflyerからコピーしてきた「お客様用イーサリアムアドレス」を貼り付けます。
  • 「追加」ボタンで登録完了です。

一度登録しておくと、「宛先」で選択できるようになります。

注意

ただし、bitflyer(ビットフライヤー)での注意点のとおり「お客様用イーサリアムアドレス」は変わることがあります。

アドレスが変わっていないかしっかり確認して送金しましょう。

それでは実際の送金の手順です。

  • 宛先で「ビットフライヤー」を選択します。
  • 金額に送金額を入力します。
  • 「送金する」ボタンをクリックします。
  • 二段階認証をして送金完了になります。

コインチェックにある「すべてのイーサリアム」を送金したい場合、

「送金可能額」から「(送金)手数料」を差し引いた額を送金金額に入力します。

そうしないと残高不足となってしまいます。

例)0.0444 – 0.01 = 0.0344 

2018年3月時点ではイーサリアムの送金時間はどのくらいか?

 

11:51に送金ボタンを押しました。

15分後の12:06にはbitflyer(ビットフライヤー)で入金を確認できました。

bitflyerのメニュー「お取引レポート」で確認できます。

「取引所閉鎖リスク」をいつも意識しておく必要があります

今回のコインチェック取引所におけるセキュリティ体制の見直しによる一時的閉鎖。

その間、コインを送金することは一切できませんでした。

一度買ったら売らないというガチホ・スタンスなら問題ないかもしれませんが、

このまま、取引所が破綻し、コインを取り戻すのに何年もかかるというケースもあります。

多額のコインを保有する場合、取引所を分散して所有するか、ハードウェアウォレットに移して自分で管理することを本気で考えておかなくてはなりません。

そんな時にハードウェアウォレット「Ledger nano S」はおすすめです。

以下の記事で導入の方法をシェアしています。

ハードウェアウォレットLedger nano Sを日本代理店Earth Shipで購入してみました
ハードウェアウォレットLedger Nano Sの初期設定・復元フレーズって何?
ハードウェアウォレットLeger Nano Sの使い方・アプリをインストールしてリップル(XRP)を受け取る

また、取引所は1ヵ所だけ開設するのではなく、国内の金融庁の認可を受けた取引所の口座をいくつか開設しておいたほうがリスクを分散できます。

しばらくは仮想通貨にとって逆風が吹いている状態ですが、次のブームに備えて淡々と準備をしておきましょう!

bitflyer(ビットフライヤー)の口座開設はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で