「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」とは?詐欺に遭わないためのポイントとは?

ブロックチェーンの技術の特徴である、誰でも自由にプライバシーを守りながらプラットホームを利用できるという利点が時に犯罪などに悪用されている場合があります。

最近各国の政府がICOに対して注意喚起を発表したように、世界中で問題になっている事柄です。

ブロックチェーンの素晴らしい技術を皆に届けたいという一心で、取り組みをしているチームや応援している人々にとってこれほど嘆かわしいことはありません。

ICOに参加することはプロジェクトを応援することなのか?それとも意と反して犯罪に手を貸すことになってしまうのか?

仮想通貨市場では様々な情報がありふれていても、詐欺に関する情報や未然に防ぐ情報が不足しています。

ICO詐欺が問題になってからは、通貨の特性やプロジェクトの将来性だけを追いかけるわけにはいかないというのが現状です。

詐欺にあわない、犯罪に手をかさない為にもICOについて深く考えてみましょう。

ICOとは

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)とは企業や事業プロジェクトが独自の通貨(トークン)を発行して資金を調達する方法のことです。

トークンセール、クラウドセールなどと呼ばれています。

ICOに利用されるのがトークンです。

ICO参加者が企業や事業プロジェクトの独自に発行したトークンと呼ばれる仮想通貨を購入し、企業や事業プロジェクト側のプロダクトが成功して上場後、取引額が上がっていればその差額が利益になります。

いわゆる未公開株と同じ構図です。

ICO参加者は企業や事業プロジェクトを応援する目的もありますが、多くは投機的な投資対象とみているのが現状です。

ICO主催側も株式のIPOと違い、資金調達までの審査や独自にトークンの発行数を定めることが可能で、資金調達による返済義務がありません。

ICOには法規制がない為、具体的なプロダクトがなくてもお金を集めてしまう仕組みを作っているのも事実です。

ICO終了後に資金だけ集めて、プロジェクト自体消滅するという可能性もあります。

このようなことが実際に起こり、金融庁が注意喚起しているのです。

ICOに参加するには?情報の集め方

ICOという資金調達について疑問を持つ意見がありながらも、きちんとしたプロジェクトのICOに参加して、利益や配当を受けている人々はいます。

ではどのようにしてICOに参加できるのか?

最初にこれから開催されるICOを情報を集めます。

最新ICOを発信してくれる人気ブロガーのサイトを参考にするのもひとつの方法ですが、海外のサイトで独立した第三者機関が運営するICO評価サイトがいくつかあります。

その中のひとつに「ICO rating」(https://icorating.com/)というサイトがあり、一目でICO案件の評価を見ることができます。

英語がわからなくても、評価の確認のコツを覚えれば大丈夫でしょう。

各評価スコアにHype score という表示があり、ICO参加者の関心の高さを表しています。

スコアのレベルが高いほど投資家達の潜在的な注目を集めているということがわかります。

もうひとつ大事なのはRisk scoreは詐欺のリスクが表示されています。

プロダクトや企業に関する情報がほとんどない場合に、信頼性と信憑性が足りないという事でリスクレベルが上がるようです。

その他のサイトで「ICO countdown」(http://www.icocountdown.com/)は運営側の判断になりますが、詐欺まがいのICOは排除して掲載しています。

いくつかのサイトを見てより多くのデータから判断する方が確実かもしれません。

どのICOに参加するにもウォレットを準備しておくと良いでしょう。

最近はイーサリアム系のウォレットを利用することが多いです。

トークンを受けとる時に必要になるからです。

絶対にウォレットが必要になるとは限らないですが、人気のICOだと数分で売り切れてしまうことがあります。

参加するICOのプロジェクトがどの通貨のベースで発行するかよく確認しましょう。

ICO開催時に発行されるトークンの特徴

ICOの開催の時に発行されるトークンにはいくつか特徴があります。

  • 会員権型トークン
  • プリペイド型トークン
  • ファンド持ち分型トークン
  • アプリケーション・プラットフォーム型トークン

トークンの保有数に応じてICO主催者側から会員優待を受けれる会員権型トークンがあります。

さらにICO主催者と提携している企業のサービスの提供がある場合もあります。

その他に ICO主催者側が提供する商品やサービスを受けるときに、利用料として使えるプリペイド型トークンもあります。

最近注目を集めているファンド持ち分型トークンはトークンの保有数に応じて、ICO主催者側のプロジェクトの成果の一部を配当として受けれる仕組みです。

人気が集中する理由にプレセールで最初にトークンを購入した人ほど、受けることができる配当の条件が良いからです。

またICOでイーサリアムのベースが利用される理由にアプリケーション・プラットホーム型トークンというものがあります。

これはトークンがプラットホーム上で利用される使用料としての機能があるからです。

これはICO主催者側のプロジェクトが成功して、トークンの利用料が増えるとともにトークンの価値が上昇します。

ICO詐欺には気をつけましょう

ICOは法的拘束力のある投資ではありません。

それ故に非常に不安定でリスクを伴います。

法律で規制がない為、思うような成果が得られなくても全て自己責任です。

中にはICOで資金だけ集めて、上場しなかったり、あるいはプロジェクトの開発をしなかったりと悪質なICOも存在するのです。

事実、ある国の政府に認められたといって関係を結びつけるようなことをうたって資金集めをしていたプロジェクトがあります。

その後、それが詐欺だとわかり政府自ら関係性を否定し注意喚起をしたということがありました。

 

その他に紹介制でしか購入できないとか、セミナーで今購入すれば必ず値上がりするなどといった詐欺まがいの活動も行われています。

 

そもそもオープンソースのブロックチェーン技術において、ある特定の人物からしか購入できないというのも疑うべき点でしょう。

セミナーも通貨の価値ばかり宣伝して、今後のプロダクトが曖味だったり不透明な部分があれば注意すべきです。

さらには人気通貨のベースを利用してプロジェクトを立ちあげたなどの情報にも惑わされないようにしましょう。

ブロックチェーンのプラットホームは基本的にオープンソースです。

誰にでも開発できるソフトウェアの提供をしているので、アプリケーションの開発が詐欺に利用されることもあります。

ICO詐欺に遭わないようにするには?

皆さんは「ホワイトペーパー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ホワイトペーパーはICO主催者がこれからトークンを発行する上で、目的や今後の構想などを技術的にどのように実現していくのかといった非常に大事なことが書かれている公開文書です。

そこでプロジェクトに関わっているメンバーや具体的なプロジェクトの実行の時期、ICOに参加するための細かい情報を得ることができます。

ほとんどのホワイトペーパーが英語で書かれています。

何回もICOに参加されている人でもgoogle 翻訳を利用しての解読には苦労するようです。

そのような時は公式のサイトにアクセスしてみましょう。

グローバルな展開を構想しているとか、大手企業の提携があるなどと掲げているわりに、翻訳の対応国が少ないかどうかもひとつの判断基準です。

また投資の世界では通貨の下落の恐れがありますので元本を保証する約束はありません。

最低価格保証や買取保証を強調するプロジェクトは気をつけた方がいいかもしれません。

ICOが成功したかという判断はなかなか難しいです。

プロジェクトが成功するまでには、ユーザー数が増えないとアプリケーションが有効に稼動しないなどといった時間を要するものも多くあります。

 

仮想通貨の取引の入り口に立ったばかりの人が、ICOの真偽や将来性、上場した後の価格変動を予想して購入するのは難易度が高いでしょう。

仮想通貨はICOに参加する以外にも購入する方法はあります。

金融庁の登録を受けた取引所で将来有望な通貨をコツコツと買っていくほうが安心でしょう。

投資額を小口に分けて時間を分散して、イーサリアムやネムを購入していくだけでも仮想通貨投資は十分成り立つのです。