バイナンスで買ったSingularDTVをウォレット(MyEtherWallet・MetaMask)に送金する

バイナンスにあるERC20規格のトークン(アルトコイン)をMyEtherWalletやMetaMaskに送金しておきたいと思います。

どんな注意点があるでしょうか。

MetaMaskでは意外な盲点が、、

結論としては「MyEtherWallet」を使うほうがトークンの送金ができていいです。

ERC20規格のトークンをMyEtherWallet・MetaMaskに送金してみる

MyEtherWalletの場合

「Token Balance」の「Show Tokens」のリストにあればそのままMyEtherWalletに送ることができます。

リストにない場合「カスタムトークンを追加」に「Token Contract Address」を入力して登録した後、送金します。

MetaMaskの場合

MetaMaskでERC20のトークンを受ける場合「ADD TOKEN」に登録する必要があります。

登録の際、Token Contract Addressの入力が必要です。

  • Token Contract Address
  • Token Symbol(トークン名・通貨名)
  • Decimals of Precision(小数点以下の桁数)

SingularDTVのToken Contract Address(トークン・コントラクト・アドレス)はどこで調べるの?

Etherscan(https://etherscan.io/)で調べます。

https://etherscan.io/token/SNGLS

「Etherscan」の一番上の検索窓に通貨の短縮形を入力します。

そして「TOKEN:・・・・」を選択してください。

通貨名・トークン名をしっかり確認します。マークも見ましょう!

 

注意

検索窓に「sngularDTV」と打ち込んで「ERC20-TOKEN:・・・」からのアドレスは

個別取引のアドレスです。

MetaMaskなどに入力しないように注意しましょう。

MetaMaskにトークンを登録する

MetaMaskはGoogle拡張機能で使うことができるイーサリアムのウォレットです。

イーサリアムをベースにして作られたERC20規格のトークンを管理するにはそのままではできません。

トークンを登録する必要があります。

「ADD TOKEN」をクリックします。

Etherscanから調べてきた「SingularDTV(SNGLS)」のToken Contract Addressは以下の通りでした。

0xaec2e87e0a235266d9c5adc9deb4b2e29b54d009

これをMetaMaskのToken Contract Addressの入力欄に貼り付けます。

すると、以下2つの項目は自動で入力されます。

「Add」で登録します。

注意

MetaMaskに一度追加されたトークンは2018年3月現在、削除できません。

バージョンアップでいずれ削除できるようになるので放っておきましょう。

下段のトークンは「ERC20-TOKEN:・・・」からのアドレスを貼り付けてしまった失敗例です。

実際にバイナンスからMetaMaskに少額送金してみる

MetaMaskのあなたの受取アドレスをコピーする

バイナンスから送金する

バイナンスのメニューから「ファンド」をクリック

送りたい通貨の「出金」ボタンをクリックします。

200SNGLSほど送ってみます。(2018年3月のレードで1284円です。)

送金手数料を51SNGLS差し引かれて(2018年3月のレートで330円ほどです。)

実質は149SNGLSの送金となります。

「提出します」で出金要求をします。

2段階認証を完了すると、登録アドレスに確認メールが来るのでリンクをクリックして出金処理がスタートします。

履歴を確認してみましょう。

21:45に出金して、数分でMetaMaskで確認できました。

残りのSNGLSも移しておきましょう。

注意!MetaMaskからトークンの送金はできません

MetaMaskで受けたTokenはMetaMaskでは送金ができません。

ではどうすればいいのかというと。。

MetaMaskのアドレスの秘密鍵(フレーズ)を使って、MyEtherWalletで復元させるとTokenの送金ができるようになります。

MyEtherWalletならERC20トークンを送金するこができます。

基本、アルトコインを購入したらずっとホールドなので送金はしないかもしれませんが

ここからさらにハードウェアウォレットに移すことも考えると送金ができるMyEtherWalletは便利です。

MyEtherWalletのページはGoogleの自動翻訳の表示だと、通貨の選択やカスタムトークンの追加の場合うまく表示されないので

自動翻訳をオフにしておいたほうがいいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気軽に残高が確認できるMetaMaskもいいのですが、いざという時に送金ができるMyEtherWalletで管理するほうがいいですね。

取引所に預けたままではリスクを伴うので少しづつ自分で管理できるウォレットに移していきましょう!