bitflyer(ビットフライヤー)はイマイチ?手数料・メリット・デメリットについて

仮想通貨の取引を始める際に、重要視されるのが国内取引所の存在です。

通貨のプロジェクトや将来性について調べる事も大事ですが、資産を預け運用する取引所の特徴を把握してから取引を開始しましょう。

日本は海外と比べて、取引所自体の数が少なく比較対象も限られています。

なぜなら金融庁の許可がおりるまで、日本は手続きに非常に時間を要します。

みなし業者として問題になったコインチェックの件で、よりいっそう取引所に厳しい目が向けられました。

その中でも信頼を得ることができた取引所があり、仮想通貨の取引をするユーザーからも高い評価を受けているbitflyer(ビットフライヤー)という国内の取引所があります。

CM等で仮想通貨の取引をしたことがない人も、一度は耳にしたことがあるでしょう。

bitflyerとはどのような取引所なのでしょうか?Bitflyerの持つ特徴やユーザーに慕われる魅力ついてご紹介します。

bitflyer(ビットフライヤー)は上場企業で安心できる

bitflyerは金融庁の許可を受けている日本国内の仮想通貨取引所です。

日本ブロックチェーン協会の設立の先導をする上場会社です。

2014年に設立され、三菱東京UFJ、三井住友海上などの大手金融グループ傘下の投資会社から出資を受けています。

そのため三井住友海上火災保険と提携して、一定条件下のもとで盗難補償を提供するサービスがあります。

国内初でビットコインを取り扱い、取引量日本一を誇る取引所兼販売所として知名度とともに人気を集めています。

またセキュリティに最先端の技術を確保しており、国内の取引所で高い信頼性を保持していることもユーザー数が多い理由です。

現在取り扱いがあるコインはビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコインです。

最近ではリスクの取り扱いを始めました。

海外の取引所と比較すると銘柄が少なく感じられるかもしれませんが、今後増えていくことは確実です。

bitflyer(ビットフライヤー)に口座開設してみる

bitflyer(ビットフライヤー)の口座開設時は「トレードクラス」まですすめておきましょう!

bitfyerでアカウントを登録する方法はメールアドレス登録で簡単にできます。

アカウントには、ふたつのクラスがあり「ウォレットクラス」と「トレードクラス」があります。

ウォレットクラス

ウォレットクラスがメールアドレスだけの登録で済みますが、通貨の取引が出来ません。

通貨の預け入れや限度額の定められた送金と、日本円の入出金、bitwireSHOP(店舗やWebサービスでビットコイン決済を利用できる)の利用とLitningFutures(ビットコインの先物取引、ただし3倍迄)の限られたサービスの利用のみになります。

仮想通貨の取引を始めたい方はトレードクラスで登録する必要があります。

トレードクラス

トレードクラスは本人確認書類のアップロード自分名義の銀行口座を登録します。

取引所の入出金には手数料がかかりますので、抑えたい方は住信SBIネット銀行をおすすめします。

登録完了は本人確認書類が届いてからです。

その間に二段階設定や強度の高いパスワードに変更しておきましょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitflyerの手数料について

bitflyerにおける各取引手数料は以下の通りです。

アカウント登録手数料

アカウント手数料は無料です。

もちろん維持費もかかりません。

ビットコイン売買手数料

0.01〜0.15%と直近30日間の取引量に応じて必要になります。

たくさん取引するほど安くなります。

販売所は無料との記載がありますが、bitflyerがコインを仕入れて販売している形式ですので、提示金額で売買が決まるため、取引所よりも金額設定が高めです。

実質、中間マージンが入っているようなものです。

ビットコイン送金手数料

0.0004BTCです。

その他アルトコインではモナコインが無料です。

入金手数料

入金手数料は無料です。

銀行振込の場合、既に登録してある三井住友銀行か住信SBIネット銀行にて振込を済ませます。

その際、各銀行に支払う手数料は発生します。

入金が反映されるまで各銀行の営業時間や曜日に左右されます。

クイック入金といって最速で入金できるサービスがあります。

ATMやコンビニで入金ができますが、1回ごとに324円必要です。

しかし入金してから7日間のビットコイン決済や日本円の出金、通貨の送付ができないため、急いでビットコイン決済をしたい方は銀行振込の方が望ましいでしょう。

MEMO

あなたが住信SBIネット銀行に口座をお持ちなら、振込入金口座に同じ住信SBIネット銀行を選択すれば同行扱いとなり振込手数料が無料になります。

ビットフライヤーに住信SBIネット銀行から日曜日の早朝に振込入金。反映時間は?

他の取引所でも振込入金先が住信SBIネット銀行となっていることが多いです。

口座を開設しておくと何かとお得で便利です。

住信SBIネット銀行の口座開設はこちら

出金手数料

日本円での出金は三井住友銀行が安く利用できます。

3万未満で216円、3万円以上で432円です。

その他の銀行は3万円未満で540円、3万以上で756円です。

bitflyer Lightning(ビットフライヤー・ライトニング)とは

bitflyer Lightning(ビットフライヤー・ライトニング)は通常の現物取引の他に、ビットコインFXといってレバレッジをかけた取引を行うことができます。

ライトニングにはビットコインとイーサリアムの現物取引、レバレッジを使ったFX投資、インジケーターを使えるのが特徴です。

インジケーターとはチャートの動きを細かく分析化して相場の動きを見るものです。

初心者にはハードルが高いように感じられますが、デモ画面で表示させることができます。

雰囲気を掴みたい方は一度、表示して見ましょう。

FXとは株式で使われる秒単位で上下する外貨との円差異を利用して利益を得る投資方法で仮想通貨でも基本的に同じやり方になります。

レバレッジも同じことで少ない資金で利益を出すチャンスを得ることができます。

短い期間で利益を上げることも可能ですが、その分損失も大きくなります。

値動きが激しい仮想通貨市場では特にリスクが伴います。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitwire(ビットワイヤー)とは

bitflyerには独自の決済サービスがありbitwireはメールアドレスをビットコインの送付に利用できます。

送付先もbitflyerの口座を持っていることが前提ですが、手数料無料で瞬時にやり取りが可能です。

bitflyerのメリット・デメリットとは?

ビットフライヤーのメリット

bitflyerはサービスが充実しており、初心者の方からFX上級者まで便利に利用できるようになっています。

気軽に参加できる「ビットコインをもらう」というサービスでは、公式ページの広告から各サービスを利用すると、キャッシュバックをビットコインで受けとることができます。

楽天市場やZOZOTOWNなどやクレジットカードの作成でビットコインをもらうことができます。

FXを利用する人にとってもbitflyerの高機能なチャートは見やすいと好評です。

大手企業の出資を受けているだけに、各種キャンペーンや抽選でプレゼントなど色々なイベントを開催しているのも魅了的です。

ビットフライヤーのデメリット

デメリットは、取り扱い通貨が少なく、ICOに参加する場合はほぼ海外の取引所経由になってしまうことです。

これはそれだけ通貨を厳選して販売しているとも言えるので、信頼のおける取引所とも考えられます。

現在は「取引所形式」で割安に購入できるのがビットコインのみで、アルトコインは「販売所形式」でしか購入できません。

反対にビットコインを手軽に購入したい人にとっては、ビットコインの販売・買取単位が細かいので少額から始められます。

bitflyer(ビットフライヤー)に口座開設してみる

まとめ

bitflyerは投資目的だけではなくサイト内でAmazonのギフト券と交換できたりと実際に利用できる点も良いですね。

クラウドファンディングや日本赤十字社の寄付にもビットコインが利用できます。

このように各取引所にはそれぞれの特徴がありメリット・デメリットと感じる部分は人それぞれです。

仮想通貨市場には、まだまだ広く認知されていない部分もただあります。

大事な資産を取り扱うには信頼のおける取引所が大事になるでしょう。

bitflyerは金融庁の立ち入り検査後も、問題なく営業している国内唯一の取引所です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で