ハードウェアウォレットLedger nano Sを日本代理店Earth Shipで購入してみました

取引所はあくまで取引するところです!ウォレットでの管理のススメ

2018年1月にコインチェック取引所でネム(NEM)のハッキング盗難事件が起こりました。

そのため、盗難のあったNEMのみならず他の通貨の取引も全面的に停止となりコインチェック取引所から引き出せない状態が続いています。

取引所でのコインの管理はリスクがとても高いです。

取引が終わったら自分のウォレット(財布)のアドレスに移しておきましょう!

仮想通貨は自分で責任を持って管理・保管しなくてはなりません。

ハードウェアウォレット Ledger Nano S(レジャー・ナノ・エス)の購入はこちらから

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

うさぎ先生

国内外問わず取引所に多額のコインを置いておくのはリスクが伴います!自分でマスターシードを保管できるウォレットでのコインの管理をオススメします!

そもそもウォレット(財布)とは?

そもそもウォレットとはなんでしょう?

ビットコインのデーターをファイル化したものが送られてきてウォレットに保管するのでしょうか?

あなたの所有する仮想通貨(ビットコイン)はどこにあるのでしょうか?

答え:あなたの所有する仮想通貨(ビットコイン)はブロックチェーン上に記録されたデーターとして存在しています。

ウォレットではコインを保管するのではなく、ブロックチェーン上のデータを書き換えて送金したり、データを読み込んできて入金を確認したり、残高を表示したりするものです。

ブロックチェーンではビットコインの取引を時間で区切り記録しています。時間単位のブロックが幾重にも連なり今も取引が記録され続けています。

そしてその記録はマイナーと言われる暗号化の計算が正しいかを確認する複数のPCに分散されています。

 

あなたのビットコインアドレスにコインがあるという「記録」こそがビットコインの実体です。

 

その取引の記録は公開されていて誰もが見ることができます。

盗まれたネム(NEM)の行き先がテレビで報道されていましたね。

でもそのNEMを取り戻すことはできないのです。NEMを移すことができるのは「秘密鍵」を持っているハッカーだけです。

 

秘密鍵の所有者だけがコインの記録を変えることができます。

秘密鍵は取引ごとに「マスターシード」から生成されます。

ウォレットには「マスターシード」とそこから生成された秘密鍵と公開鍵、コインのアドレスが保管されています。

「マスターシード(秘密鍵のもと)」を自分で管理できてはじめてビットコインを所有していると言えます。

ハードウェアウォレット Ledger Nano S を公式サイトでさらに詳しく

うさぎ先生

「マスターシード」なんて聞き慣れない言葉だけど「秘密鍵」「リカバリーシード」「リカバリーフレーズ」「復元フレーズ」と置き換えても差し支えないよ。

取引所が取引停止になると。。

コインチェックでの事件ではっきりしましたが、ネム(NEM)と関係のない通貨まで引き出しができなくなってしまいました。

取引所が取引を停止したらコインの出し入れができないのです!

取引所に自分の大切なコインを預けていてはダメです。

取引所のあなたのウォレットの「リカバリー(復元)フレーズ」を見たことはありますか?

コインのみならず「マスターシード(復元フレーズ)」までも取引所に預けていてはダメです。

自分で「マスターシード(復元フレーズ)」を管理できるウォレットでコインを管理しましょう!

ハードウェアウォレット Ledger Nano S 公式サイトはこちら

うさぎ先生

「マスターシード(秘密鍵の元)」はとても長い文字列なので、人間が記録しやすいように「リカバリー(復元)フレーズ」として24の英単語に変換されています。

仮想通貨は「秘密鍵のもと・マスターシード」をどう管理・保管するかがとっても大切です。

大切なマスターシードをどこに保管すればいいでしょうか?

いつも使っているスマホの中でしょうか?PC内でしょうか?クラウド上でしょうか?

ネット上で保管していてはいつもハッキングのリスクがつきまといますよね。

 

必然的にネットに繋がっていない(オフラインの)機器の中が理想的となります。

ハードウェアウォレットならオフラインで管理できます!

ソフト?ハード?ウォレット(財布)はどうする?

ソフトウォレットとは

PCやスマホにインストールして使うウォレットです。

手軽に導入できます。

でもPCやスマホでの「マスターシード」の保管はハッキングやフィッシングの恐れが常につきまといます。

ハードウェアウォレットとは

USBメモリーサイズの機器に「マスターシード」を保管します。

ハードウェアウォレットならオフライン(ネットにつながっていない状態)での保管ができます。

ネットにつながっていないのですからハッキングのしようがありません。

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

大金を仮想通貨にしている人にとってハードウェアウォレットは必須です。

世界的に品薄な状態ですので入手できる時に入手しておいて導入しておきましょう!

今回はLedger Nano S日本代理店の株式会社Earth Shipでの購入をシェアしたいと思います。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットのメリット・デメリット

メリットは

完全オフラインでマスターシードを保管するのでハッキングリスクがなくなります。

デメリットは

  • 機器の破損、紛失がないとは言えません。(「復元フレーズ(マスターシードを記録しやすく変換したもの)」で復元はできます。)
  • 復元するにしても代わりの機器がないと何もできません。(次の機器を入手するのに2,3ヶ月待ちということもあります。)
  • 復元フレーズを紛失するとコインの開発者ですらコインを引き出すことができなくなります。

万が一の紛失・破損にそなえてハードウェアウォレットをもう1台持っておくのは有効です。

Ledger Nano S(レジャー・ナノ・エス)ならリップル(XRP)を管理できる!

1ledgernanos保管可能通貨

Ledger Nano Sで管理できるコインの種類は以下のとおりです。

軽く20種類を超えています。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ビットコインゴールド(BTG)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ドージコイン(DOGE)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • リップル(XRP)
  • ダッシュ(DASH)
  • ストラティス(STRAT)
  • コモド(KMD)
  • アーク(ARK)
  • エクスパンス(EXP)
  • Ublq(UBQ)
  • Vertcoin(VTC)
  • Viacoin(VIA)
  • Neo(NEO)
  • Stealthcoin(XST)
  • Stellar(XLM)
  • Hcash(HSR)
  • Digibyte(DGB)
  • Qtum(QTUM)
  • PivX(PIVX

リップル(XRP)を管理できるハードウェアウォレットは他にあるでしょうか?

日本代理店Earth Shipでの購入方法

Ledger NanoS ハードウェアウォレットを日本代理店Earth Shipで購入

2LedgerNanoSのTOPPAGE

Amazonアカウントでの支払いに対応しています。

3LedgerNanoSカート

アカウントを確認して「Sign in using our secure server」を押します。

4Amazon Pay Sign In

Amazonアカウントでの内容(住所、決済方法)が同じことを確認し「注文」するを押します。

5購入内容の確認

6ご注文詳細確認

ハードウェアウォレットってどうやって使うの?

Ledger nano Sの操作方法を動画で見てみましょう!

日本代理店のサイトで操作方法を見てみましょう!

ヘッダーメニューの「操作動画」内にあります。

日本語字幕もあります。画面右下「CC」をクリックすると「日本語」字幕を表示させることができます。

ハードウェアウォレットの使い方がとてもわかりやすく丁寧に説明されています。

8LedgerNanoS動画解説日本語字幕

最後に

「復元フレーズ(マスターシード)」「PINコード(本体暗証番号)」をPCのメモ帳やクラウドサービスで保存しているのはとても危険なのでやめておきましょう!

PCやクラウドサービスがハッキングされた場合のことを考えてみましょう。

注意

「復元フレーズ(マスターシード)」が盗難にあうということはコインが盗まれるということです。

「復元フレーズ(マスタードシード)」を紛失・消失するということはコインを無くすということです。

 

わたしは「復元フレーズ」を購入時付属のシート以外にもノートに書き取っています。

英単語の写し間違いがないように3回ほど書いています。

ハードウェアウォレットとノートは別の場所に保管しています。

ノートは耐火金庫に入れて保管しましょう。

注意
「復元フレーズ(マスターシード)」は仮想通貨を自分で管理する上でのキモです。5年たっても10年たっても忘れず紛失せず盗難されない状態で保管しましょう!

Ledger Nano S国内代理店の株式会社Earth Shipでの購入なら日本語サポートが万全なので安心して購入できます。

Ledger Nano Sを国内代理店で購入するには、こちらからどうぞ

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】