[手順解説アリ]bitbank(ビットバンク)で口座開設してリップル(XRP)を割安に購入しよう!

bitbank(ビットバンク)をオススメしたい理由

ビットバンクではリップル(XRP)ライトコイン(LTC)モナーコイン(MONA)を「取引所」で買うことができます。

コインチェックなどの「販売所」で買うのはとても割高なのはご存知ですか?

「販売所」では安心で確実にコインを買うことができることが利点なのですが、スプレッド(売値と買値の価格差)があり「取引所」で購入するよりも数%〜10%ほど高くついてしまいます。

そして、なぜリップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、モナーコイン(MONA)なのか?

これらのコインの送金手数料が割安だからです。

また、リップルの送金時間はピカイチです!

ビットコインで送るのがバカバカしくなるほどの安いコストと、短時間(2,3分)で送ることができます。

(もちろん送金が集中すればそれなりに時間はかかります)

リップルが取引所で買える!ビットバンク

リップルを「取引所」で買う理由は?

答え:「取引所」で買う方が安いからです。

リップルはコインチェックでも買うことはできます。

でも「販売所」からしか買えません。

取引所と販売所の違いは?

誰と取引するかの違いです。

  • 取引所 コインを売りたい人買いたい人同士で取引をしてコインを売買する。
  • 販売所 仮想通貨交換業者(会社)がコインを売ったり買ったりしてくれる。

「販売所」の価格にはスプレッドが乗っています。

スプレッド(価格差)が販売所の収入になっています。

「販売所」では取引手数料が無料でも売値と買値の差で利益をあげているわけです。

実際にどのくらいのスプレッド(価格差)があるの?

2018/1/15 5:30での「取引所」と「販売所」での価格差(スプレッド)を確認してみました。

コインチェック「販売所」では「1XRP=233.77円」です

コインチェックで販売所でのXRPの価格

対してbitbank「取引所」では「1XRP=227.001円」です。

bitbank取引所でのXRP価格

その差は、1XRPあたり6.769円になります。

1000XRP買う場合に6769円もの差が出来てしまいます。

海外取引所に送る時にはまとまった量のコインを仕入れますよね。

この差は大きいです!

bitbankで扱っている仮想通貨と送金手数料の比較

2018年1月中のレートを元にして送金手数料を比較してみます。

  • BTC/JPY       0.001  1700円
  • XRP/JPY       0.15        34円
  • LTC/BTC      0.001       24円
  • ETH/BTC      0.01  1650円
  • MONA/JPY     0.001  0.93円
  • MONA/BTC     0.001  〃
  • BCC/JPY      0.001  326円
  • BCC/BTC    0.001  〃

MONAで送るのが一番コストがかかりません。

「バイナンス」「CryptBridge」へはMONAで送りましょう。

「KuCoin」へはLitecoinで送るのがいいでしょう!LTC/BTCしかないですが、日本円をBTCに買えて購入すればいいだけです。

海外取引所へ送金するためのコインを割安に手に入れるためにビットバンクに口座開設してみましょう!

リップルが取引所で買える!ビットバンク

[手順解説]bitbankに口座開設してみる

メールアドレスの登録

まず、メールアドレスを入力します。

確認メールが来るのでリンクをクリックします。

パスワードを設定しましょう!

ここはどの取引所でも同じですね。

ビットバンク口座開設

いきなりトレード画面が出てきて「どうすればいいの?」となるかもしれませんが、

右上の人マーク」をクリックします。

ビットバンクどこから本人確認

基本情報の登録

基本情報の登録をしましょう。

ビットバンク基本情報の登録

本人確認書類のアップロード

本人確認書類のアップロードをします

ビットバンクでは以下の本人確認書類が使えます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
MEMO

机の上に平置きして撮影すると部屋の照明が入ってしまいがちですよね。

何かに立てかけて撮影すると反射が押さえられます。ピントがあっていることも確認しておきましょう!

ビットバンク本人確認書類のアップロード

本人確認書類アップロード終了

セキュリティの設定

セキュリティの設定は開設時にやっておきましょう!

二段階認証とSMS認証

どちらも設定しておきます。

セキュリティの設定

Google Authenticator(グーグル オウセンティケィター)が一般的です。

2段階認証の設定

SMS(ショートメッセージサービス)認証もやります。

SMS設定

ビットバンクの審査はどのくらいかかる?本人住所確認ハガキはいつくる?

申込者が殺到しているためか月曜日に申込をして金曜日に審査完了のメールがきました。

審査が終わると、本人住所確認ハガキが「簡易書留」で発送されます。

ハガキを受取り、中の暗証番号を入力すれば入金、取引が開始できます。

本人確認簡易書留

ハガキを受取さえすれば(簡易書留なのでサインか判子が必要です。)

「暗証番号の入力」がなくても一営業日ほどで口座は有効化されます。

本人確認ハガキ

口座の有効化はスマホアプリからでもできます。

ビットバンクメニュー登録情報

暗証番号で有効化ボタン

口座の有効化

暗証番号の入力

口座の有効化完了

申込を開始してから1週間ほどで口座を開設することができました!

口座の開設は無料なので、いつでも取引を始められるように登録しておくことをオススメします。

リップル・MONAが日本円ですぐ買える!ビットバンク