【初心者向け】仮想通貨のマイニングとは?やり方、マイニングの種類、クラウドマイニングって何?

仮想通貨が新しい時代の通貨と認識されはじめた今日では、通貨の価格の上昇ばかりが大きく取りあげられています。

実は仮想通貨のシステムを影ながら支えてきた存在があることを知っているでしょうか?

仮想通貨市場がここまで飛躍的進歩を遂げられた理由のひとつに「マイニング」をする「マイナー」の存在があります。

ブロックチェーンのシステムの安全性が保たれているのは、それぞれのコインの発展と可能性を信じてマイニングに励んでいる「マイナー」が世界中にいるからです。

では「マイニング」と「マイナー」とはどんな違いがあって、どんな役割を果たしているのか?

仮想通貨市場を支え、時に通貨の価値にも影響を与える「マイニング」について詳しくみていきましょう。

マイニングと仮想通貨ってどんなつながりがあるの?

仮想通貨の取引には、P2P(ピア・ツー・ピア)ネットワーク上で行われています。

これは複数のコンピューターが互いに信頼しあい相互協力のもと作られているネットワークのことです。

このネットワーク上で行われている取引に過去の取引履歴の一貫性をとりながら、取引の承認または確認作業を行うことをマイニングといいます。

この作業がないとブロックチェーンに記録の追記ができず、コインをやりとりすることはできません。

ブロックチェーンのシステムを維持するためには、二重払いや改ざんがないよう確認作業が不可欠です。

この大事な確認作業をしてくれているのが、マイナーです。

ブロックチェーン上で取引が行われると、その情報はさらに暗号に包まれて、世界中に分散されます。

マイナー達は暗号化された取引情報を正確にブロックチェーンに記録する必要があります。

仮想通貨が暗号通貨と呼ばれるのが何となく理解できますね。

暗号を解くために、計算量の大きな問題をコンピューターで計算処理します。

そして暗号を一番最初に解いたマイナーが、コインを報酬としてもらうことができます。

つまり早い者勝ちということです。マイニングとは日本語で鉱山から金を掘り当てるという意味です。

鉱山に発掘者が何人かいて、その中のひとりが金を掘り当てたというイメージだとわかりやすいでしょう。

マイニングってどんな種類があるの?

通貨の種類によってマイニングの方式、つまりマイナーの報酬の受け方が違います。

マイニングの種類には代表的なもので以下の3つがあります。

  • POW
  • POS
  • POI

「POW」方式を採用してるのは、ビットコインやモネロ、ジーキャッシュです。

これはProofofWork(プルーフ・オブ・ワーク)といって仕事量に応じて報酬を得られるマイニング方式です。

鉱山で金を見つけるイメージのです。

この方式はたくさんのコンピューターを稼働させて解いた計算量に対して恩恵が受けられる方式なので、大きな企業が大量に電気代を使いお金をかけて作業しています。

一般の人では難しいといわれるのはこのためです。

「POS」方式は、リスクやネクストコインです。

これはProofofStake(プルーフ・オブ・ステーク)といって保有している通貨の枚数でマイニング報酬が分配される仕組みです。

電気代はかからない分、保有する通貨が必要になります。

「POI」方式は、ネムです。ProofofImportance(プルーフ・オブ・インポータンス)といって取引回数などのたくさん利用している人が報酬を得られます。

POSとの違いは、通貨を持っているだけではなく、ネットワーク内で使うことでその通貨の重要度があがります。

これは通貨を貯めこんで流動性が落ちることを防ぐといわれています。

それゆえ電気代がかからず、一般のPCでも参加できる仕組みでハーベスティング(収穫)と呼ばれています。

それぞれのマイニング方式で通貨の特徴に違いがあるのがわかりますね。

マイニングってどんな方法があるの?

マイニングのやり方には大きく2つあります。

ソロマイニングとプールマイニングです。

ソロマイニングはその名の通り、採掘所(pool)ではなく自力でPCを使って行います。

出来高は採掘所を使用するよりもちろん良いのですが、数日待っても思うような結果が出せない時もあります。

人気のある通貨は高い能力と設備がないと、なかなかコインを掘ることができません。

ソロマイニングは、仮想通貨やPCに必要な知識に慣れてきて設備投資してから開始する必要があります。

現在はコインの採掘難易度が高くなっていて、個人での初期投資が高額になっています。

機器のセッテングやメンテナンスもひとりで行わなくてはなりません。

プールマイニングは、マイニングをひとつのサーバー内で他のマイナー達と協力しながら行います。

そのマイニング報酬をハッシュレート(採掘速度)などのマイニング貢献度によって分配する仕組みです。

ソロマイニングよりも集団でマイニングした方が効率があがり安定した収入が得られることがあります。

そのため人気のマイニングプールに過度に計算資源が集中してしまうことがあります。

大きなマイニングプールは時に仮想通貨の市場に影響を与えることがあります。

マイニングプールは重要な役割を担っているために、開発者とマイナー達の意見が対立しまう場合があります。

ビットコインの開発者とマイナー達の意見の対立から生まれたのはビットコインキャッシュです。

この分裂の時に市場に大きな価格変動がありました。

このようにどちらのマイニングも専門知識と資金が必要で、仮想通貨のプロジェクトに深く関わっているのです。

マイニングで自分でも出来るの?

ソロマイニングは専門知識と始めるための初期投資や採掘方法による機器全体の買い替えなどを考えるとやはり現在的ではありません。

話題になったスマホでのマイニングアプリがありますが、安易に無駄マイニングアプリを使うとユーザーの認識していないバックグラウンドで勝手にマイニングを実行される恐れがあります。

ユーザーはアプリの信頼性を慎重に検討しなくてはなりません。

プールマイニングも同じくマイニングマシンやマイニングソフト、ウォレットを準備します。

どのプールでマイニングするか決めてサイトに登録します。

どちらも機器の維持と管理は必要で、初心者が今から始めるにはハードルが高いです。

そこで専門的な知識や技術がなくても資金を出すだけで、マイニングに参加出来る方法があります。

それがクラウドマイニングです。

クラウドマイニングは、運営会社に登録をして出資のような形で参加できるのです。

運営会社が設備投資をして、機器のメンテナンスや交換をするので簡単に参加出来るのがメリットです。

これは、運営会社に資金提供をして一部のオーナーになります。

提供した資金の額に応じて受けれる報酬が決まるといったものです。

運営会社がマイニングによって成功した場合に、報酬を配当する仕組みなので運営会社をよく見極めて選ばなくてはなりません。

クラウドマイニングで出資を募り、実は会社の実態がなかったという事例があるのです。

そこで日本でも新しくクラウドマイニング事業を始めた企業がありますので、次にご紹介します。

日本にも続々登場!クラウドマイニング事業

DMMは2017年9月に仮想通貨事業部を発足しました。

ここではビットコイン、イーサリアム、ライトコインなどのマイニング事業を始めました。

そこで金沢に拠点を置いたマイニングファームと呼ばれる施設を建設したのです。

段階的に稼働を引き上げ、4月には1000台のマシンを一般に公開する予定です。

通常このような大規模なマイニング施設はセキュリティを考え公開はしないそうですが、DMMは誰もが見学できるように作ったそうです。

将来的には自社で投資するマイニング事業のほかに、個人も参加出来るクラウドマイニングも視野に入れているようです。

運営会社が実在しているのを確認出来るのが良いですね。

1万円程の小口投資も検討しているようなので、初めてクラウドマイニングに参加する方にはおすすめです。

4月の一般公開に詳細が出ると思われます。

その他に熊本県の新電力会社「熊本電力」がマイニング事業に乗り出しました。

仮想通貨採掘事業の行う関連会社オズマイニングを東京に設立します。

これはマイニングを希望する人に、マイニング設備の提供と熊本電力から安く電力を供給するというものです。

マイニング施設は建物と一体型とコンテナを設置するだけのものと顧客が自由に選べるそうです。

こちらも発表があったばかりなので、プランや料金は不明ですが電力販売会社の新事業にかなりの注目が集まりそうです。