Wavesのウォレットを導入してみる

Wavesのウォレットの導入方法

wavesの公式サイトに行きます。

https://wavesplatform.com/

「クライアント(ベータ版)をダウンロード」でも「オンラインクライアント(ベータ版)」でもどちらでもかまいません。

今回はインストールの必要のない「オンラインクライアント」を選びました。

Waves client

 

「Get Started」をクリックします。

Waves wallet start

新しいアカウントを作成するために、アドレスアバターを選択し、パスワードを設定します。

半角英数、小文字、大文字、記号を使って強いパスワードを設定しましょう。

Waves create new account

 

Waves back up start

backup phrase(復元フレーズ)の取扱に注意

ブロックチェーン上の取引所(DEX)の口座開設はパスワードの設定、復元フレーズの書きとめだけでできてしまいます。

本人確認書類提出などが必要ありません。

それだけに、復元(秘密)フレーズの管理がとても重要になります。

PCやクラウド上に保管するのではなく、ノートに書きとめて厳重に保管しましょう。

決して「復元(秘密)フレーズを他人に教えてはいけません。

「復元フレーズ」を求めてくるAirDropなどは詐欺です。

「復元フレーズ」を教えてしまうことはウォレットの全財産を失うことです。

注意して取扱いましょう!

また、「公式の」wavesウォレット、クライアントだけを使いましょう!

Waves backup phrase caution

 

Backup phrase(復元フレーズ)をしっかり紙に書きとめておきましょう!

単語の順番も重要です。

Waves backup phrase

復元パスワードの確認をします。

順序どおりに当てはめていきます。

 

Waves confirm backup

 

注意書きを読んで確認ボタンをクリックします。

Waves caution

 

waves clientの画面

wave clientの画面は3つあります。

  • wallet
  • 取引所
  • トークン作成

ウォレット画面

Binance(バイナンス)で購入したwavesをこちらに移してきたいですね。

Waves client wallet

DEX(分散型取引所)画面

分散型取引所の機能があります。

Waves Client exchange

wavesではどんな取引ができるか?

wavesでの取扱コインをキャプチャーしてみました。

Waves Client price list

トークン作成画面

1wavesでトークンが作成できてしまいます。

Waves Client token generator