ハードウェアウォレットLeger Nano Sの使い方・アプリをインストールしてリップル(XRP)を受け取る

うさぎ先生

いかがでしたか?Ledger nano Sの初期設定は?

操作としてはそれほど難しいものではありません。

リカバリーフレーズの記録は緊張しますよね。箱に入れて金庫にしまっておきましょう!

ハードウェアウォレットLedger Nano Sの初期設定・復元フレーズって何?

それでは「Ledger nano S」を実際に使えるようにPCにアプリをインストールします。

そして、実際にbitbankから「Ledger Wallet Ripple」にリップルを送ってみます。

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

「マネジメントアプリ」と「ウォレットアプリ」のインストール

ハードウェアウォレット「Ldger Nano S」は単独では使うことはできません。

コインの送受金はPC上のアプリと「Ledger Nano S」が連携する必要があります。

まずPCに「マネジメントアプリ」と「ウォレットアプリ」をインストールしましょう。

ブラウザであるGoogleのChromeが必須となりますのでインストストールしておいてください。

とても便利なブラウザなのでこれを期に導入してみましょう!

「マネジメントアプリ」とは

「Ledger Nano S」へのコインアプリのインストール、アンインストール用アプリです。

デバイス上のアプリの管理、取引承認用のアプリです。

Google Chrome拡張機能としてインストールします。

インストール、実行にはGoogle Chromeが必要です。

「ウォレットアプリ」とは

アカウント管理、ビットコインの受取、送金用アプリです。

ビットコインとイーサリアムのウォレットアプリはGoogle Chromeの拡張機能としてインストールするので

Chromeが必要になります。

リップルのアプリは仏Ledger社のサイトへ移動してダウンロードをします。

Ledger マネジメントアプリ

マネジメントアプリ「Ledger Manager」のインストール

「Ledger Nano S」日本販売代理店Earth Shipのページからダウンロード

Chrome拡張機能アプリのダウンロードページに移ります。

「CHROMEに追加」をクリックします。

Leger Managerのインストール

「Ledger Manager」が追加されました。

Ledger Manager app

アプリをクリックして立ち上げて「Ledger Nano S」をPCに接続します。

Ledger Manager起動画面

Ledger Managerでは各コインの取引承認アプリを管理しています

「Ledger Nano S」にはコイン取引承認アプリを4つまでインストールすることができます。

1つのデバイスで管理できる数が4つまでということではありません。

取引の承認をするためのアプリですので

管理したいコインのアプリをその都度入れ替えて使います。

コイン取引承認アプリのダウンロード

注意

「Ledger Nano S」からアプリを削除すると一緒にコインが消えてしまうわけではありません。

「Ledger Nano Sの中にコインを保管する」と考えてしまうと、アプリを消すとコインも消えてしまうのでは?と思ってしまうかもしれません。

あなたのコインはネット上に分散して記録されています。

ハードウェアウォレットはオフラインで取引承認のためのキー(秘密鍵)を保存しておける。というだけです。

コインを保管するわけではありません。

コイン取引認証アプリは以下の中から選ぶことができます。

Bitcoin
Bitcoin Cash
Dash
Dogecoin
Ethereum
Komodo
Litecoin
Stratis
Zcash
Hello
Ripple
PoSW
Ark
Ubiq
Expanse
PIVX
Stealthcoin
Vertcoin
Viacoin
Neo
Bitcoin Gold
Stellar
Digibyte
HCash
Qtum

リップルのアプリをLedger Nano Sにインストールする

今回は、Ripple(リップル)をダウンロードします。

リップルのアプリをインストールする

ダウンロードボタンをクリックすると「Ledger Nano S」側でメッセージが出ます。

Allow Ledger manager?

「Ledger Manager」を許可しますか?

右ボタンを押します。

アプリのインストールを承認する

リップル(XRP)の取引承認アプリがインストールされました。

Ripple app instaled

リップルのウォレットアプリ「Ledger Wallet Ripple」のインストール

「Ledger Nano S」日本販売代理店Earth Shipのページからダウンロード
リップルのウォレットアプリ「Ledger Wallet Ripple」はフランスのLedger社のページに移動してダウンロードする必要があります。

PCにインストールします。

Ledger Walletのページに遷移します

同一ページ内の下に移動して、ダウンロードします。

OSを確認しておきましょう。

リップル用アプリの取得

アプリのアイコンが表示されていればインストール完了です。

アイコンをクリックします。

リップルアプリのアイコン

Ledger Wallet Rippleの立ち上げとLedger Nano Sの接続

「Ledger Nano S」をPCへ接続しましょう。

Ledger Wallet Ripple app

その都度、PINコード(本体暗証番号)の入力が求められます。

Display左横の「1」は複数所有を考えてマークを付けてみました。

PINコードの入力

アカウントを見るためにウォレットを使ってください

リップル(XRP)のウォレットアプリが立ち上がります。

リップルウォレットアプリ

MEMO

「Ledger Nano S」をしばらく放置して接続が途切れてしまったら?

一旦PCから切り離し、アプリも終了ます。

再度、アプリの立ち上げます。

「Leger Nano S」もPCに接続しなおしてPINコードを入力。

という順序を踏むといいでしょう。

 

bitbankからLedger Wallet Rippleにリップルを送る手順

Ledger Wallet Rippleでの操作

まず「Ledger Waleet Ripple」で「コインの受取」アイコンをクリックします。

リップルのアドレスが表示されます。

これを送金側のbitbankで入力します。

リップルアプリコイン受取アドレス

bitbankでの操作

ここからはbitbank側での操作になります。
「入出金」「リップル」を選択します。

bitbankからの送金

このように「Ledger Wallet Ripple」と「bitbank」のウィンドを並べて作業するとミスが起こりにくいです。

ウィンドを並べて作業する

bitbankのウィンドウでは

「引出」を選択。

「リップル引出先アドレスの指定」ー「アドレスを追加」します。

「リップルアドレス」にLedger Wallet Rippleからアドレスをコピーして

アドレスを「追加」します。

MEMO

仮想通貨を送金する場合にいつも気をつけていることは

送りて受けてで同じ通貨を選択しているか?が重要です。

どちらもリップルを選択して操作しているか?今一度確認しましょう!

また、アドレスを指定された場所にコピーできているか?も重要です。

「宛先タグ」は「Ledger Wallet Ripple」側で指定はないので、記入する必要はありません。

(他のウォレット、他の取引所などに送金する際、「宛先タグ」入力の指定があれば入力します。)

 

リップルの場合宛先タグ有無の確認

まずテストとして最低送金額で送金してみましょう。

リップルの最低送金額は20XRPです。

「引出」ー「アドレスの選択」ー「引出数量の指定」

「引出内容を確認」をクリックします。

リップルの最低送金単位

「この内容で出金する」をクリックします。

bitbank出金確認

2段階認証も入力したので、これで送金処理された。。と思いがちですが、、

bitbankはメール認証して、やっと送金処理がスタートします。

ご注意ください。

メールを確認しましょう。

メール認証のタイトル

メール内のURLをクリックしないと出金処理がスタートしません。

メール認証URLクリック

このメッセージが出てやっと出金処理がスタートします。

bitbank出金確認

メール認証をしてbitbankより出金したのは7:13です。

7分後の7:20に「Ledger Wallet Ripple」で着金を確認しました!

リップル(XRP)が自分のハードウェアウォレットの管理下に入りました。

20xrp送金完了

なぜ「ハードウェアウォレットでコインを保管する」という表現をしないの?

ハードウェアウォレットの中にはコインは入っていないからです。

コインはどこに保管されているのでしょうか?

ブロックチェーン技術により分散されて記録されているデータの中にあります。

記録されたコインの所有権を書き換えることができるのは「秘密鍵の元」をもっている人だけです。

「秘密鍵の元」の管理こそが仮想通貨管理のキモです。

ハードウェアウォレットの中で保管しているのは「秘密鍵の元」です。機器の役割としてはコインを送受金する際の認証装置になります。

以上のことをまとめて「ハードウェアウォレットで何をしているか?」というと、、

ネット上のブロックチェーンに分散記録されている自分のコインを、ハードウェアウォレットに入っている「秘密鍵の元」で管理している。

というのが正しい表現です。

ややこしい表現ですみません。。

また、なぜハードウェアウォレットを導入するのか?というと

オフラインで「秘密鍵の元」を管理するためです。

ネットから物理的に隔離されるのでハッキングのしようがありません。

取引所に預けているより遙かに安全です。

うさぎ先生

ハードウェアウォレットを導入して、しっかり自分でコインを管理できるようになりましょう!

Ledger Nano Sを日本販売代理店 Earth Ship で購入してみる

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】