仮想通貨「WAVES」を買いたい!特徴と将来性、買い方は?

 仮想通貨「WAVES」とは?

「WAVES」は分散型金融プラットホームWavesから2016年4月に公開された仮想通貨です。

発行上限数は1億WAVESです。

Wavesは仮想通貨Nxt (ネクスト)からハードフォークにより誕生しました。

Waves のプラットホームもNxt を参考にして作られた特徴があります。

Nxt はProof of stake(プルーフ・オブ・ステーク)という取引承認システムがあります。

PosではNxt の保有量を基準にします。

例えばNxt の保有量が多いほど承認者に選ばれる可能性が高くなります。

Waves のマイナーに対する報酬もこのシステムを参考にしています。

一部の企業によってマイニング事業を占有されていたのがPos によって解消されたのです。

Waves はNxt の自由と公平さを尊重した特徴を引き継いでいます。

1WAVESは発行当初20円台でしたが、2018年3月現在では700円台まで上昇しました。

Wavesプラットホームでは、独自のトークンを発行することが可能です。

システム導入費用は一切かからず、維持もありません。

トークン発行費用は1WAVESで誰でも簡単に作成することができます。

2017年には大手ハンバーガーチェーンのバーガーキングがこのシステムを利用したことで飲食業界でも話題になりました。

通貨の発行元のWavesは資産の管理や送受信、取引全てが可能で、ビットコインなどの仮想通貨やドルやユーロなどの法定通貨を取り扱うことができます。

「WAVES」の特徴は?

「WAVES」の特徴はCAT(カスタムアプリケーショントークン)いう機能です。

独自のトークン発行のほかに、ビジネスで必要なツールやサービスをカスタマイズして追加できることで実用化が進んでいます。

そのほかに匿名送金、クラウドストレージ、メッセージ機能などの様々な用途にあわせたトークンを作成できます。

ブロックチェーン上で作成されるので安全だといわれています。

Wavesには分散型取引所の機能もあり、カスタムトークン同士のやりとりにも対応しています。

Wavesの分散型取引所は手数料も0.001WAVESと非常に安く、取引のスピードも最大1秒で1000件の処理能力があり高く評価されています。

このように非常に柔軟性の高いことから、マイクロソフトのクラウドプラットホーム「MicrosoftAzure」やロシア最大の証券保管振替機関である「NSD」と提携しました。

このように非常に充実したパートナーシップが今後の活動をさらに後押しするでしょう。

「WAVES」はどこで買える?扱っている取引所は?

「WAVES」はブロックチェーン上で仮想通貨のやり取りができるようになっています。

この交換所をDEXといい、次世代型取引所とも呼ばれています。

ユーザーはWavesのウォレットをインストールするだけで利用できます。

Wavesを利用するには基本的に独自通貨のWAVESトークンが必要です。

WAVESを入手するには、ウォレット内で購入するか、他の取引所でWAVESを購入してウォレットに送金するというふたつの方法があります。

ウォレット内で購入する際はクレジット対応してますが、ドルかユーロですので、取引所からの送金が主流になります。

WAVESを取引所で購入するには、海外の取引所で購入します。

すでに日本の取引所の口座開設している方は、BinanceやBittexなどの取引所に、ETHなどの主要銘柄を送金し、WAVESと交換してからウォレットに送金する流れになります。

「WAVES」のウォレットはどこで入手する?

WAVESのウォレットはブラウザ版とiOS版がありますので、まずはダウンロードします。

「NEW ACOUNT」でアカウント登録します。

その時英単語が15個表記されますので、絶対に忘れないよう保管しましょう。

パスワードを忘れた時やバックアップ機能で必要なるシードです。

DEXは日本の取引所のように本人確認はありませんので、登録が終われば送金を始められます。

もし心配な時はテスト送金をして、ウォレットに反映されているか確認すると良いでしょう。

DEXは中央集権型の取引所と違い、運営者が中央に存在しないため手数料が安く抑えられますが、ウォレットの持ち主が資産を管理することになります。

ウォレットで管理することはセキュリティ面で優れています。

でも、万が一、パスワードを第三者に知られればウォレットの資産を流出してしまう可能性があります。

保管方法はくれぐれも注意しましょう。

「WAVES」の将来性は?今後はどうなる? プロダクトは出ているの?

WAVESでは現在トークンセール(2018/3/1〜3/31)を開催しています。

タイのバンコクにある旅行代理店のTavitt(Thailand)co.ltdです。

旅行好きな方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?tavittcoinはすでにWavesの取引所に上場済みでWavesのウォレットを作成すると取引が可能です。

詳しくは日本語版のホワイトペーパーで詳細を知ることができます。

このようにWavesの実用化に向けた取り組みが始まっています。

またWavesは大手会計事務所デトロイトCISと提携を結び、ICOプロジェクト規制のための法定枠組みの策定にも着手しているので、法律や規制に強い通貨だといわれています。

まだ日本の企業との提携はありませんが、円を取り扱えるようになればさらに知名度はもっとあがるでしょう。

Wavesはトークンに様々な機能をカスタマイズできることから、多様なビジネスで取り入れられる可能性は大いにあります。

一部の国ですが太いパイプラインを持ち、国家で統一して導入するのではという声もあります。

今後は通貨の価格だけでなく、グローバルな活動が楽しみな通貨です。