仮想通貨「Substratum(SUB)」を買いたい!特徴と将来性、買い方は?

Substratumは、2017年9月に取引が開始されました。

通貨単位は「SUB」です。

Substratumは独自のブロックチェーン技術を用いて、世界中に存在するパソコンやスマートフォンを利用して分散型ネットワークを構築します。

仮想通貨「Substratum(SUB)」とは?

仮想通貨「Substratum(SUB)」とは世界中の利用されていないコンピュータ・モバイルデバイスを利用してネットワークを構築して誰でも利用できるようにするものです。

Substratumをインストールしたマシンはブラウザ経由でノードとして大規模なネットワークに参加できます。

コンピュータ・モバイルデバイスを利用していない時間帯にSubstratumネットワークからSubstratumトークンを受け取る事ができます。

今後の見通しとしてSubstratumを使って簡単に買い物できるようにする方針になっています。

あたかもクレジットカードをECサイトの決済で用いるように仮想通貨を選択して決済する事ができるようになるとのこと。楽しみですね。

「Substratum(SUB)」の特徴は?

Safari、Chrome、Firefox、Interenet Explorerなどのブラウザが利用できるパソコンやスマートフォンがあれば、すぐに利用可能です。

Substratiumは7つの要素から構成されます。

  • Substratum Host・・コンテンツを提供するためにネットワークユーザーに支払いを行う事でサイトやアプリケーションをホストできます。
  • Substratum Node・・ホストからウェブユーザーにコンテンツを転送します。
  • Cryptopay・・Substratumネットワーク上のサイト上で決済ができます。
  • Developer tools・・Substratumネットワーク上でアプリケーションツールを開発するためのAPIとSDK。
  • One-click software・・シンプルなインターフェース。
  • Artificial intelligence・・正しいノードを発見することに最適化されています。
  • Cryptography・・高度な圧縮によりネットワークの隅々までセキュリティを保証します。
  • Compression algorithms・・高度な圧縮技術ににより、レイテンシーを最小限に保ちます。

特に重要なのはホストとノードです。

ホストはネットワーク上でサイトをホストしたい主体が利用し、ノードはユーザが仮想通貨を支払う事でホストからコンテンツを転送するノードを起動する事ができます。

  • ホストとは? ネットワーク上で集中して処理を行うコンピュータのこと。
  • ノードとは? ネットワークの接点、具体的にはネットワークにつながるコンピュータやスマホのこと。

「Substratum(SUB)」はどこで買える?

2018年3月3日現在、国内でSubstratumを扱っている取引所はありません。

それゆえ、国内と海外の取引所の両方に口座を作る必要があります。

海外の取引所としては、Binance、KuCoin、HitBTC、Cobinhood、COSS、Cobinhoodがあります。

まず、国内の取引所の口座に入金してビットコインを購入し、そのビットコインを海外の取引所の口座に送金してSubstreatiumを購入するのです。

「Substratum(SUB)」のウォレットはどこで入手する?

Substratum(SUB)のウォレットとしてMyEtherWallet(https://www.myetherwallet.com/)かTrezor、LedgerNanoSがあります。

MyEtherWalletはEthereum系トークンを保管するウォレットです。

TrezorとLedgerNanoSはハードウォレットです。

LedgerNanoSは正規代理店またはアマゾンで購入できます。

ハードウェアウォレットのほうがソウフトウェアウォレットより値段は高いですが、セキュリティはより堅固になります。

ハードウェアウォレットの相場は大体1万5千円から2万円以下といったところです。

Trezorも人気が高く、機能はLedgerNanoSとほとんど変わりません。

 「Substratum(SUB)」の将来性は?今後はどうなる? プロダクトは実現しているの?

Substratum(SUB)のように使用していないPCやモバイルデバイスを利用してネットワークを作るアイデアの仮想通貨は現在、少ないです。

これから似たようなコンセプトの仮想通貨は増えていくと予想されます。

その際に、Substratum(SUB)の先見性が評価され価格が高騰する可能性があります。

公式サイトによれば、2月に組織が結成され、7月にウェブサイトのバージョン1とホワイトペーパーをリリース、さらに2018年中ごろにトークンセールとウェブサイトのバージョン2をリリースする予定です。12月にウェブサイトのバージョン3がリリースされる予定です。