Singular(シンギュラー)DTV(SNGLS)を買いたい!特徴と将来性、買い方は?

仮想通貨「SingularDTV」とは?その特徴は?

ブロックチェーンは様々なプロジェクトの応用を可能にし、従来の中央集権的な構造から生じた問題を解決に導きます。

その中でSingularDTV (シンギュラーDTV)は、イーサリアムのスマートコントラクトを利用した権利管理のプラットホームとして誕生しました。

エンターティメント業界に開発、制作、流通のアプリケーションで配信者が権利に対して正当な利益をもたらすことを可能にしました。

今まではユーザーと配信者の間に管理者が広告を入れることによって、配信者のわずかな収益になっていました。

ユーザー側にとっては、その広告が本当に望んでいる情報とは限りません。

また配信者とユーザーの間に管理者が複雑に入り込むことで、コンテンツの利益配分が曖昧でした。ユーザーはコンテンツの正当な価値に対価を支払うことができるのです。

2016年にこのプロジェクトのICOは750万ドルの資金調達をたった10分足らずで資金調達を達成しました。

配信者とユーザーを繋げるプラットホームとして今後の活動に期待が持てるプロジェクトです。

スマートコントラクトの利用で何ができるの?

SingularDTVはコンテンツの知的財産や著作権使用料などをトークン(SNGLS)にプログラムします。

これを「TOKIT」というプラットホームに組み込みます。

配信者はコンテンツを販売する際、権利や収益などの条件をブロックチェーン上で契約する必要があります。

その時に必要なのがイーサリアムのスマートコントラクトです。

知的所有権を明確に契約をすれば、従来の著作権問題も明確に解決できるようになります。

どこに知的所有権があるのか明確にしてブロックチェーン上に記録されます。

あらゆるコンテンツをトークン化することで配信者の知的財産を守り、コンテンツの管理ができるのです。

また集められた資金がトークンという形で、配信者に分配される仕組みです。

またスマートコントラクトを使って、秒単位での課金(マイクロペイメント)の利用も可能にしました。

「SingularDTV」はどこで買う?扱っている取引所は?

SingularDTVは国内の仮想通貨取引所で購入することはできません。

初心者の方にはハードルが高くなってしまうのですが、海外の取引所で購入できます。

まずは日本の取引所で口座を先に登録しておくことが必要です。

現在はZaifがおすすめです。

こちらでビットコインかイーサリアムを購入しておきます。

SingularDTV(SNGLS)は海外取引所のBinance(バイナンス)で購入できますので、登録方法を紹介します。

海外の取引所はメールアドレスを用意します。

日本の取引所と違い、登録したその日から取引を開始できます。

また登録する際は日本でいう認証アプリの「Authenticator」というアプリで認証コードを発行します。

その際、スマホが手元にある状況にしてください。これは本人が手元に認証コードを必要とすることで、セキュリティを高めます。

日本語のサポートがありますので、日本の取引所のようにガイダンスに沿って入力しましょう。

もちろんアカウント作成は無料です。

スムーズに出来そうな方はBinance(バイナンス)で発行している独自のトークン(BNB)を購入してから、取引をスタートすると手数料が安くなります。

「SingularDTV」のウォレットはどこで入手する?

トークンの発行はイーサリアムのプラットホーム上で行なわれるためETHを送信することで、SNGLSトークンが発行されます。

公式のウォレットにSinglarDTVの「Light Wallet」があります。

SinglarDTV公式サイト:https://singulardtv.com/

お持ちのウォレットでトークンを転送できますが、イーサリアムの公式ウォレットhttps://www.myetherwallet.com/)かSingularDTVの「Light Wallet」が必要になります。

またS-DTVのLight Walletを使用すると、イーサリアムとSNGLSトークンを保管して転送することができます。

ユーザーが簡単にアクセスして、クラウドファンディングに参加できるように開発されています。

S-DTVは集中的に組織化された分散codeです。

プラットホームから生まれる利益から配当を受けるトークン保有者で資本が共有される仕組みになっています。

SingularDTV」の将来性は?今後はどうなる? プロジェクトは実現しているの?

2018年のプロジェクトは11個のモジュールをリリースする予定です。

その中にはTokitや、Tokitで作られたトークンを売買できる「SINGULAX」という分散型取引所が既にリリース済みです。

今後は法的レポジトリといった契約内容に重要事項を追加できるシステムの構築やP2Pで機材のレンタル、タレントのマネジメントなどSingularDTVは新しい動画配信サービスとしてグレードアップを目指しています。

クラウドファンディングも既に定着してきています。

これからはクリエイターは世界中から出資を募ることがで、自由で公平な活動が活発に行われるでしょう。

このスタイルは今後、日本にも広がり知名度を上げていくことが期待できます。

Zaifの口座開設はこちら

Bainance(バイナンス)の口座開設はこちら