仮想通貨「Raiden(RDN)」を買いたい!特徴と将来性、買い方は?

今や目にしない日はない仮想通貨に関するCMや情報ですが、仮想通貨は日々進化を続け日々新しいものが誕生しています。

ここでご紹介する仮想通貨「Raiden(RDN)」もその一つです。

仮想通貨は日々新しいものが誕生し内容も進化していますが、その分それまでの仮想通貨と内容は異なり対象に関する認識も変わってきます。

ここではそのようなまだまだ疑問点の多い仮想通貨「Raiden(RDN)」についての、気になる概要や特徴についてご紹介していきます。

仮想通貨「Raiden(RDN)」とは?

ここでは仮想通貨Raiden(RDN)の気になる概要についてご紹介します。

ネット上などでよく目にすることがある「Raiden(RDN)」とは、正式名称はライデンネットワークと言いRDNとはその省略名称です。

基本的な認識としてRDNはイーサリアムと言う一つのプラットフォーム上で構築されたペイメント機能を中心としたアプリケーションであり、巷で認識されている仮想通貨とは少し意味合いが異なります。

ニュアンスとしては価値のあるアプリケーションと考えればわかりやすいと思います。

簡単にまとめるとRaiden(RDN)は、このシステムの構築により、従来の仮想通貨に比べ安く、早く、取引が可能な仮想通貨と言えます。

以下はRaiden(RDN)の基本情報になります。

「Raiden(RDN)」の特徴は?

次にRaiden(RDN)の気になる特徴についてご紹介します。

概要でも少しご紹介しましたが、Raiden(RDN)の代表的な特徴はクレジットカードを上回るその取引スピードと手数料の安さにあります。

現在仮想通貨の市場は大いに盛り上がっていますが、その反面市場が拡大すればネットワーク上の取引スピードやそれにかかる手数料に課題が生まれます。

しかしRaiden(RDN)はユーザー間でペイメントチャネルを作り、そのペイメントチャネル中にユーザーの資金をデポジット(ロック)し、バランスプルーフに従ってトークンをやり取りし、最終的な結果のみをブロックチェーンに記録します。

これによりトランザクションの承認を必要としないので、高速な送信が可能になり、早い取引と安い手数料が可能となります。

「Raiden(RDN)」はどこで買える?

では実際にRaiden(RDN)はどこで買えるのか?扱っている取引所はどこなのか?

Raiden(RDN)の気になる買い方と取引所を調べてみました。

前述でも少しご紹介しましたが日本国内では取引所はなく、国外の取引所で扱ってます。

取引所としてはBinance(バイナンス)、kucoin(クーコイン)が挙げられ、特にBinanceが代表的な取引所です。

以下はBinanceでの購入手順となります。

  • 「bitFlyer(ビットフライヤー)」に登録する。
  • 国内取引所でビットコインを購入する。
  • Binanceに登録する。
  • Binanceへビットコインを送金する。
  • Raiden(RDN)を購入する。

一度国内でビットコインを購入しなければなりませんが、先の事や取引スピードと手数料の安さを考えれば、たいした手間にはならないでしょう。

「Raiden(RDN)」のウォレットはどこで入手する?

仮想通貨に関して取り組みを行うと必ず目にするのがウォレットと言う言葉です。

ウォレットとは英語で「財布」を意味し、仮想通貨上でのウォレットとは「専用の口座」を表します。このウォレットの入手方法は様々であり、自分のパソコンやスマホ、インターネット上などでも作ることが出来ます。

ウォレットの種類を分けると以下の4種類になります。

  • 取引所。
  • ウェブウォレットソフトウェアウォレット。
  • ハードウェアウォレット。

これらウォレットにはそれぞれ特徴がありメリット、デメリットが存在するので、入手する際にはそれぞれの特徴を把握する必要があります。

では、肝心のRaiden(RDN)のウォレットはどこで入手するのか?

Raiden(RDN)はイーサリアムのプロジェクト一つであり、そのイーサリアムではトークン「ERC20」が利用されます。

新たなウォレットを作成する必要がない事がトークン「ERC20」の特徴であり、Raiden(RDN)もトークンに対応しています。

ですのでRaiden(RDN)を利用するにあたって、新たなウォレットを作成する必要性はないと考えられます。

 

「Raiden(RDN)」の将来性は?今後はどうなる?プロダクトは実現しているの?

Raiden(RDN)の今後とその将来性、プロダクト状況は気になるところだと思います。

最後にその将来性と現在の問題点を見ていきましょう。

Raiden(RDN)将来性に関してひとつの見解ではありますが、従来の仮想通貨の課題点である、処理スピードと手数料の高さに関して、アプローチしているのがRaiden(RDN)と考えられます。

今後も同じようなアプローチを仕掛ける新たな仮想通貨はどんどん誕生すると思われるので、それらとどう差別化を図るかによって状況は大きく変化すると思われます。

しかし、現状Raiden(RDN)はその大きな特徴によって注目を集めているのも事実なので、大きなトラブルがなければ、今後も一定の評価を保つことが予想できます。

現在の問題点としては、Raiden(RDN)では複数の中継ポイントが必要になってくるため、その中継ポイントが常に稼働していなければならず、それにより多額の資金移動にはデポジット不足になる可能性があるため、高額送金に適していないことが問題点として挙げられます。

他との差別化や問題点の改善が今後の展開に大きく影響するのは間違いないでしょう。