仮想通貨「Monetha(MTH)」を買いたい!特徴と将来性、買い方は?

仮想通貨には数多くのコインがありますが、当然ことながら、価格が上昇するコインに投資するのが重要です。

Monetha(MTH)は現状、時価総額の低いコインですが、独自の強みがあり、一部からは期待が高まっています。

では実際にはどんな可能性・将来性があるのでしょうか。

仮想通貨「Monetha(MTH)」とは?

Monethaは、イーサリアムのブロックチェーンとスマートコントラクトを基盤として、電子商取引(Eコマース)の決済を可能にした仮想通貨です。

現在、商取引おいては、クレジットカード会社や決済サービスを行うPayPalといった第三者の決済機関が仲介することによっての決済が成立しています。

しかしながら、この仕組みは非常に効率が悪く、事業者が代金を受け取るためには多くの段階を経ることが必要な上に手数料もかかり、実際の入金にも時間がかかります。こうした決済上の問題解決を目的として、新たな決済システムを構築しようというのがMonethaです。

Monethaでは第三者を介さずに顧客と事業者の直接取引を目指していて、今後決済は大きく形を変える可能性があります。 

「Monetha(MTH)」の特徴は?

これまでの電子商取引においては信用を築くために広告費や宣伝費といったコストが必要でした。

しかし、Monethaでは受信時間や保証条件、配送時間など、あらゆる記録がすべて記録され、これらの情報が解析されることによって自動で事業者の信用レベルを判別することができます。

また、さまざまな情報はブロックチェーン上に書き込まれるため、透明性が高くかつ改ざんができないので利用者は安全性が確保されたうえで取引することが可能です。

さらにたとえプラットフォームが変わっても、ブロックチェーン上の情報を確認することで、今まで築いてきた信用を引き継ぐことも可能です。

これは、逆にいえば悪意のある事業者がプラットフォームを変えて犯罪行為に及ぼうとするのを事前に防ぐこともできるということになります。

「Monetha(MTH)」はどこで買える?扱っている取引所は?

Monethaを購入できるのは、Binanceをはじめとして、OKEX、Kucoin、HitBTCなどの取引所で購入することができます。

特にBinanceは取引量が世界一と近年躍進していて、日本語にも対応している取引所です。特徴としては手数料が0.1%ほどなので、他の取引所と比較すると低コストで利用することが可能となっています。
ただし、Binanceは日本円での入金ができないので、Monethaを日本で購入する場合にはまず日本の取引所でビットコインを購入したあと、Binanceに送金して入金を行い、これが完了した上で購入する必要があります。

また、売買する取引所は原則として取引ボリュームが多い方が買いたいときに買え、売りたいときに売ることができます。

「Monetha(MTH)」のウォレットはどこで入手する?

 現段階では、Monethaの公式ウォレットはまだ開発されていません。

今後リリースされた場合には公式ウォレットを利用するのがもっともよいでしょう。

既存のウォレットで保存に適しているのは、MyEtherWallet、LedgerNanoS、Trezorなどです。

MyEtherWalletはMonethaのブロックチェーンとスマートコントラクトの基盤であるイーサリアムを保有している場合、よく使われるハードウェアウォレットです。

また、LedgerNanoSは、セキュリティが高いことで定評のあるハードウェアウォレットです。

そして、Trezorも人気が高く、機能はLedgerNanoSとほとんど変わりません。

Trezorを海外の公式サイトで購入してみる

「Monetha(MTH)」の将来性は?今後はどうなる? プロダクトは実現しているの?

 Monethaは2018年1月にファーストプロダクトが完成しています。

現状まだまだマイナーな仮想通貨であり、時価総額ランキングも低くなっていますが、大手の金融機関や大企業と提携すれば、今後大きく注目され、価格も高騰する可能性があります。

実際に決済手数料の削減を目的とした決済システムや、直接取引による売上の早期回収、さらにはブロックチェーン上に書き込まれる信用情報によって顧客や事業者を評価したり詐欺を防止するシステムは画期的で、各方面から支持や期待も受けています。

また、今後はイーサリアムが利用可能になったり、モバイルウォレットが導入される予定で、評価システムも改善されていく見込みとなっています。