仮想通貨「モナコイン」を買いたい!特徴と将来性、買い方は?

仮想通貨「モナコイン」とは?特徴は?

2ちゃんねるが発祥で、2014年から始まった日本初の仮想通貨になります。

モナコインの名前の由来は、2ちゃんねるのキャラクター「モナー」から来ています。

このモナコインの特徴は何よりも、現在日本で「使える」場所や機会が多く、ユーザーから愛されている仮想通貨であることです。

モナコインが良く使用されるのは「投げ銭」と呼ばれる方法です。

投げ銭とは、クリエイターに対する寄付のようなものです。サイトで言えば、「tipmona」「Ask Mona」などで投げ銭はされています。

その他にも、デジタルコンテンツを購入できるサイトの「Monappy」では、売買にモナコインを使用できます。

サイトだけではなく、秋葉原にはモナコインで決済可能な店舗が出てきています。

また、このモナコインはユーザーに愛されています。

秋葉原で一般ユーザーが”自腹で”100万円を出資しモナコインの広告を流したり、オンラインゲームの優勝金として与えられてきました。

モナコインを扱っている取引所は?どこで購入できるの?

モナコインが購入できる取引所は、国内だと4か所になります。

それは、「ビットフライヤー」と「 Zaif 」「Bitbank(ビットバンク)」「BitTrade」「Fisco」になります。

取引所それぞれに特徴があります。

特徴に合わせて購入することをお勧めします。

下記に国内の取引所の特徴を記載します。

ビットフライヤー」は、ビットコインの取引量が日本で一番多いです。

取引所としてのサービス期間が、比較的長い取引所です。

大手の有名企業から出資を受けています。

先駆けて「不正ログインの保証サービス」を始めたり、オリジナルのブロックチェーン技術である「miyabi」を始めています。

Zaif」は、堀江貴文氏が応援しているサービスとして有名な取引所です。

こちらの特徴は「zaifコイン積立」というサービスがあることです。

日割りで自動的に仮想通貨を購入する仕組みなので、リスクを抑えて仮想通貨投資することが出来ます。

「BitTrade」は、2016年からサービスの開始を始めた比較的新しい取引所です。

特徴としては、初心者に優しい仕組みになっていることです。

Twitterでのテクニカル分析講座を行っていたり、LINEで最新情報などを発信しています。

初心者でも取引がしやすく、口座開設や取引のやり方が図解で説明されています。

「Fisco」は取引手数料が一切かからない取引所です。

セキュリティが2段階認証なので、安心して取引所を使うことが出来ます。

モナコインのチャートはどこで見る?値動きはどうなっている?

モナコインのチャートは、各取引所のチャート画面からみることが出来ます。

モナコインは、何度か高騰と下落を繰り返しています。

代表的なのが、2017年の12月上旬に2500円台に高騰したことです。

その12月の高騰の理由とされているのは、個人投資家が非常に大量にモナコインを購入したことです。

ある投資家が1000万円分購入したことがきっかけで、高騰した可能性があります。

また、他にも「モナパーティ」と呼ばれるプラットフォームの展開や、ビットフライヤーの海外展開により、モナコインが期待されているということが考えられます。

様々な要因が、きっかけとなり12月の高騰が起こったとされています。

しかし、その1か月後である1月には、モナコインは大暴落を起こします。

この大暴落ですが、モナコインだけに起こったことではなく、仮想通貨業界全体で起こっています。

他国での仮想通貨の規制ニュースや、コインチェックなどの問題に「つられて」価値の暴落を起こしてしまいました。

モナコインの将来性は?今後はどうなる?

モナコインの将来性は、はっきり言うと不透明です。

しかしながら、今後上がる可能性もあります。

高騰する可能性について記載します。

その理由の一つに、仮想「通貨」と言えども、いまだに使用できない仮想通貨も多いことが上げられます。

この中で、モナコインが日本で使用できる場所があるということは、他の仮想通貨に比べてこれから、じわじわと認知される可能性が高いです。

今だ使える店舗は少ないのですが、これからに期待を出来る部分です。

また、これからユーザー間での盛り上がりによっては、もっと上がる可能性もあります。

秋葉原で、一般のユーザーが広告を出したときも、モナコインの価値が急騰しました。

この時のような盛り上がりが、これからもモナコインに起こったのならば、おそらく価値は上がるでしょう。

そして、海外での取引所での上場がまだ、数件ほどしかないため、これから海外取引所で扱われるようになれば、高騰する可能性もあります。

しかし、何よりも仮想通貨自体に、一般的に安全でクリーンな印象はありません。

様々な事件が起きたため、今では仮想通貨は社会全体が怪しんだり、わからないものとして見られている状態です。

モナコインに限った話ではなく、すべての仮想通貨の印象でもあります。

この世間から見られている悪印象を、仮想通貨業界全体で、どう払拭していけるかが鍵なのかもしれません。

もし、払拭が出来た場合であれば、仮想通貨業界全体の価値はあがり、それに伴い、モナコインの価値も上がっていくでしょう。