仮想通貨「Loopring(LRC)」を買いたい!特徴と将来性、買い方は?

仮想通貨の仕組みはよく非中央集権的といわれています。

今までの中央集権と呼ばれる既存の組織、枠組み、思想全てを変えるだろうといわれても、正直なところピンとこないのではないでしょうか?

中央集権的な組織体制が変化するならば、必然的に私たちにも多かれ少なかれ影響はあるはずです。

その中でも金融業界に対する変化の波が押し寄せています。

それは分散型取引所(DEX)の誕生です。

DEXの誕生で、私達は自分の資産は自分で守っていくという概念が当たり前になってくるでしょう。

今はまだ仮想通貨取引をするためだけの取引所というイメージですが、ここがもし法定通貨も取り扱い、安全で手数料も安く、365日24時間自由に資金を動かせたら、、。実際に法定通貨と仮想通貨を自由に交換できるシステムの構築は進んでいます。

その中でも特に注目を集めているLoopringについてご紹介していきます。

仮想通貨「Loopring(LRC)」とは?

Loopring は従来の分散型取引所の問題であった流動性の少なさを解消するために作られたプロジェクトです。

通貨単位であるLRCはトークンを通じて、自動的に取引を実行するために2017年8月に誕生した比較的新しい通貨です。

「Loop」と「Ring 」はどちらも輪や指輪の意味があり、何かを円で繋げるイメージがあります。

それはLoopring が持つ機能に関係しています。

Loopringは分散型取引所プロトコルでもあるので、自分のウォレットから直接、取引を実行できます。

Loopring では、注文後にウォレットの中にある資産がロックされるということはありません。

仮に取引実行後にウォレットの残高が足りなかったとします。

取引自体はキャンセルされず、残高分の資産だけが取引に使用されます。

その後ウォレットに不足分を入金した時に残りの部分が決済されるという仕組みになっています。

Loopringネットワークにはこのような複数の取引を繋ぎ合わせるリングマイナーと呼ばれる人々がいます。

またリングマッチングというプロトコルを利用しています。

これは異なる通貨の取引であっても、それぞれの関連性の部分を結びつけることができるので、高い流動性を保持できるのです。

「Loopring(LRC)」の特徴は?

Loopring の特徴はカウンターパーティーリスクと為替リスクの軽減を実現できたことです。

このカウンターパーティーリスクとは取引相手の破綻や事務手続きの不手際などで生じる損失のことです。

わかりやすく例えるならば、2014年にマウントゴックス社がユーザーのビットコインを預かったまま破綻してしまったという事件がありましたね。

やっと今月になってユーザーに対して資産を返還するめどが立ちましたが、取引所の資産運用・管理体制によって本来実行されるべき取引が行われないことを指します。

為替リスクは外貨を使って取引する場合、常に為替差異を考慮しないと利益が薄くなったり損をする事です。

この他にセキュリティ面で、DDos攻撃と呼ばれるWebサーバーに大量のリクエストをオーダーし、サーバーに膨大な処理負荷をかけさせてサービス停止状態に追い込むネットワーク攻撃が取引所で問題になっています。

こういった取引所自体に何か問題が発生したことを想定すると、アカウントは事実上凍結されてしまいトークンの売買や交換ができなくなってしまいます。

このように取引所に資産を預けていることで、自身の資産であるにもかかわらず自由に売買ができなくなったり、自分の資産に何か問題が起きても手の打ちようがない場合があります。

Loopring のように非中央集権的な取引所であることと、自身がウォレットの管理や取引をできるということは、セキュリティの面でかなり万全に近いといえ

ます。

問題だった 流動性についてもLoopring はイーサリアムのスマートコントラクトのシステムに交換機能を組み込んだDappであるため、Loopring が直接交換できない通貨であっても、ERCトークンを介する事で交換できるメリットはかなり大きいといえましょう。

今後、分散型取引所が主流になるであろう要因をいくつも持ち合わせているのです。

「Loopring(LRC)」はどこで買える?扱っている取引所は?

Loopring は日本の取引所では、購入できません。

日本の取引所でアカウント登録をして入金し、海外の取引所でETHなどで購入する流れになります。

通常、日本の取引所で二段階認証を設定してから取引を始めますが、その際、認証コードのバックアップを取っておくことをお勧めします。

認証アプリを入れている端末が故障や盗難にあってしまった場合の為に、認証アプリのQRコードを他端末に読み込んで置きましょう。

もしQRコードを読みこむのを忘れてしまった時や読みこんだ端末に問題があった時、Zaifは10通りのバックアップコードがありますので再設定が可能です。

これはセキュリティを考えて1度のみ使えるコードになります。

Zaifに登録した場合はアカウントからセキュリティから二段階認証設定ページから発行したコードの確認が可能です。

LRCは海外の取引所ではBinance や分散型取引所のイーサデルタで取り扱いがあります。

Zaifに口座開設してみる

Binanceに口座開設してみる

「Loopring(LRC)」のウォレットはどこで入手する?

LRCはERC20トークンですので、基本的にイーサリアムのコインを対応しているウォレットで保管できます。

ブラウザから利用できるイーサリアムやイーサリアムトークンを保管できるマイイーサウォレットが定番化していますね。

イーサ保有のユーザーに人気のあるウォレットです。

支持される理由に日本語の対応や、秘密鍵があればPCでもスマホからでも利用できる利便性があります。

頻繁に取引をしない方はハードウェアウォレットと連携しながら安全性を高めることができます。

マイイーサウォレットはイーサリアムの公式サイトで提供しています。

公式サイト以外にも似たようなウォレットがインストールできることがありますが、あまり推奨はできません。

「Loopring(LRC)」の将来性は?今後はどうなる? プロダクトは実現しているの?

Loopring は分散型取引所のメリットを最大限に活用できそうな取引所になりそうですね。

ロードマップによると、4月からLoopring プロトコルで取引可能なウォレットが始動するようです。

現在のERC20トークン同士を交換できる機能に他のトークン同士でも同じく取り扱えるように提供したいと考えています。

特に仮想通貨で取り上げられる安全性に対して対応できる機能、流動性についてもクリアしています。

3月10日には新たにBitrexで上場したばかりです。

Bitrexと提携を結んでいるカカオトークの親会社が運営するUPpit仮想通貨取引所にも上場するのではと期待されています。

今後は分散型取引所の浸透とともに、取引量が増えていくでしょう。