「イーサリアム」を買いたい!特徴と将来性、買い方は?

仮想通貨ではない?「イーサリアム」とは?

イーサリアムとは、ビットコインに継ぐ時価総額第2位の仮想通貨です。

2013年にロシアのヴィタリック・ブリテン氏を中心とした開発チームによってプロジェクトが始まり、現在ではイーサリアム財団という非営利団体によって運営されています。

イーサリアムもビットコインと同じブロックチェーン技術を利用していますが、イーサリアムの方が性能面で優れたところがあります。

 

実はイーサリアムは仮想通貨の名称ではなく、ブロック チェーン上で取引から決済まで第三者機関を入れずに、ユーザー同士の取り決めや条件を含む「スマートコントラクト」の機能を持つプロジェクトの総称のことです。

イーサリアムというのはプラットフォームの名前で、その中で利用料として使われる通貨のことをイーサと呼んでいます。

通貨単位はETHといい、ビットコインの発行上限が2100万BTCと決められているのに対し、イーサの発行枚数は決められていません。

イーサリアムはユーザー同士の独自に定めた契約を自動化して実行します。

このことからビットコインより明確に取引の内容を記録することが可能になりました。

これは資産の安全性を高め、ビジネスの実用化に向けて柔軟性のある通貨と言われています。

また第三者機関を必要としないので、取引完了まで、時間と手数料を削減できます。

次世代型の決済方法として、金融機関だけでなく様々な企業から注目されています。

 

イーサリアムや、同様にスマートコントラクトを搭載したリスク、リップルなどの仮想通貨をビットコイン2,0と呼びます。

ビットコインが進化したという意味ではなく、新しい世代の仮想通貨と考えてよいでしょう。

イーサリアムの特徴とは?

イーサリアムの一番画期的な特徴でビットコインにはない技術が、スマートコントラクトという機能です。

スマートコントラクトとは、送金した額や手数料だけでなく、契約した条件や内容までもブロックチェーンに同時に記録、保存するという機能のことです。

イーサリアムは分散型アプリケーションやスマートコントラクトのさらなる開発を目指しています。

第三者機関に依存せずP2P全体をプラットホームとして取引の実行をオープンに共有できるのが、従来の金融機関で行う決済方法と違う点です。

 

もう一つの特徴は、ブロック生成時間のスピードです。ビットコインが1ブロック生成するのにおよそ10分かかるのに対して、イーサリアムはおよそ15~17秒で済みます。

これだけビットコインの方が送金するスピードが速いということです。

通貨としての実用化されれば、イーサリアムは相当便利になるでしょう。

イーサリアムのDapp(分散型アプリケーション)とは?

イーサリアムはそもそも、誰でも自由に参加できる分散型アプリケーションの形成を目的に開発されました。

Dapp(decentralize application)とは、非中央集権的なプラットフォームのことをいいます。

  • アプリケーションがオープンソースであること、
  • ブロックチェーン技術を用いていること、
  • オープンに流通可能な暗号化されたトークンを利用していること、
  • ユーザーからの要求により、プロトコルを改善すること、

この4つの要件を満たしているものが分散型アプリケーションといえます。

Dappではイーサリアム上で交わされる取引の条件や契約事項が一致した場合のみ実行されます。

ブロックチェーンのシステムを利用した自動的に動くアプリケーションは第三者による契約の改ざんを防ぐ役割を果たし、ハッキングなどのダメージにも強いと評価されています。

この一連の取引の流れは世界中に公開されますので、オープンで公平なシステムといえます。

イーサリアムを扱っている取引所は?どこで購入できるの?

イーサリアムは国内の仮想通貨取引所や販売所で購入できます。

 

販売所では、仮想通貨交換業者とコインの売買を行います。

業者に提示された価格ですぐに取引が成立します。

販売所では、取引が成立しないというリスクはなくすぐに購入できますが、取引所よりも高い手数料が発生します。

 

対して、取引所では取引の相手はコインを買いたい売りたいと思っている個人になります。

買い手がほしい通貨の量と価格を決め買い注文をだし、その条件で売りたいと思った売り手が売り注文したい出して、取引成立となります。

 

仮想通貨取引をやってみたいという方は、希望する取引所でアカウントを作成します。

こちらは無料で登録できます。

必要事項と本人確認書類をアップロードして、取引所の本人確認が済んだら始めることができます。

その際口座を開設する必要があります。

これは海外の取引所を利用する際にも必要となりますので、まずは国内の仮想通貨取引所で登録をしておきましょう。

 

国内で円でイーサリアムを購入できる主な「販売所」は、GMOコインとビットフライヤーがありますが、手数料が無料となっています。

ビットフライヤーはなにしろ国内でも大手の取引所で、セキュリティの面でも安心して利用できます。

 

また、円でイーサリアムを購入できる「取引所」は、「BITPOINT(ビットポイント)」が手数料無料で、「Zaif(ザイフ)」だと手数料は0,1%掛かります。

DMMビットコインも販売所のみで、やや高い手数料が掛かりますが、入金や出金に掛かる手数料は無料であることがおすすめです。

イーサリアムを購入するならBITPOINT

イーサリアムを購入するならZaif

イーサリアムのチャートはどこで見る?

各仮想通貨取引所のアプリケーションをインストールすると、どなたでもイーサリアムのチャートを見ることが可能です。

年間を通したチャートや、月間のチャート、1日の動きのチャートに1位に時間ごとの動きのチャートと、取引所によって様々ですが、色々な種類のチャートを見ることができます。

インターネットでも検索をすると、リアルタイムで1ETHあたり日本円でいくら、1日の始値と終値や出来高が閲覧できるサイトもあります。

イーサリアムクラシックって何?イーサリアムとどう違うの?

イーサリアムクラシックとは、イーサリアムからハードフォーク、派生して生まれた仮想通貨です。

そうなるきっかけにThe Dao事件がありました。

2016年にThe Daoというスマートコントラクトのコードの脆弱性を突いて、当時の日本円でおよそ65億円相当のETHが不正に送金されるという事件が起きました。

イーサリアムの開発チームは、イーサリアムをハードフォークさせることで事件の前の状態に戻すことを提案し、コミュニティのおよそ9割の賛成を得てハードフォークを実行、不正送金事件をなかったものにしました。

しかしその決定は中央集権的なもので、分散型を目指すイーサリアムの理念に反するとして、一部のコミュニティによってイーサリアムクラシックという通貨が誕生しました。

イーサリアムクラシックは従来のイーサリアムよりも、非中央集権的な通貨といえます。

イーサリアムの将来性は?今後はどうなる?

イーサリアムは、EIP(Etheleum Improvement Proposal)、イーサリアム改善案によって仕様が変更されることが決まっています。

仕様変更される度にイーサリアムの開発のフェーズは呼び方が変わってきました。

まずは、イーサリアム・フロンティア。

これは開発初期段階なので、開発者側にイーサリアムの分散システムを構築させる演習を目的としています。

いわゆるβ版で正式な状態の前の段階のことをいいます。

イーサリアム・ホームステッドは2番目の段階で、採掘難易度のアルゴリズムが変更になり、1ブロック生成するスピードが速くなりました。

この時期にイーサリアムの価格が急騰したことがあります。

イーサリアム・メトロポリスは第3段階で、方式がProof of WorkからProof of Stakeへの移行準備が行われました。

Proof of Workはいち早く計算を解いた人に仮想通貨の報酬を支払う方式、Proof of Stakeは、より多くの通貨を保有している人にその量に見合った報酬を支払う方式のことです。

このような仕様変更や、優れた技術を搭載していることからイーサリアムのプロジェクトそのものが世界中の注目を集めています。

 

最近では取引所の流出事件や、2018年3月のアルゼンチンで行われるG20で仮想通貨の規制について話し合う指針が発表され、市場に影響が出ました。

ですが世界中でも、ブロックチェーンのシステムには価値を感じ、ビジネスに取り入れることで市場に活性化をもたらすのではないかと好意的に捉えています。

マイクロソフトがイーサリアムのプラットホームのブロックチェーン・ツールを導入することが決まっており、大手企業の採用にかなりの期待が高まってきています。

イーサリアムのアップデートが順調に実行されていることも好材料です。

最後の開発フェーズのSerenityを見届けたい人々が長期保有していますので、将来的にも期待されている仮想通貨です。