仮想通貨「コントラクトネット」を買いたい!特徴と将来性は?

ブロックチェーン技術とIoTの急速な進歩は、私達の日々の生活にも少しずつ感じられるようになりました。

それに伴って複数の業界にまたがるプロセスを混乱させています。

例えば家電メーカーはデザインはもちろんですが、スマートハウスを視野に入れて開発を進めなくてはなりません。

ブロックチェーンだけにとどまらず最先端技術を取り入れるには柔軟に対応できるプラットホームが必要となり、なおかつ開発の成果が急がれるでしょう。

ContractNet (コントラクトネット)は、IoTとブロックチェーン技術の融合によってビジネス分野で不可欠であるスマートコントラクトを採用しサポートをするプラットホームの提供を目指しています。

IoTとは?

Internet of Thingsの略です。

日本では「モノのインターネット」と訳されています。

この言葉が生まれた背景として、今まではパソコン同士を接続するためにインターネットが使われていました。

つまり「パソコンのインターネット」でした。

これからは、インターネットに繋がっていなかった機器が接続されるので「モノのインターネット」という言い方になりました。

現在ではパソコンのみならず、スマホや最近話題のスマートスピーカーなどのデジタル家電にもインター ネットが接続されています。

このように映像や音楽などの様々なデータが情報として、インターネットを介して提供されていますね。

例えば、Amazon Echoでは音声による家電操作ができます。

ネットに繋がった様々な 機器(IoTでいうモノにあたる)と連携しているからです。

情報や制御のやりとりをするIoTデバイスをAmazon Echo側が管理して、発声した内容を指示して伝達しているからです。

ContractNet(コントラクトネット)とは

ContractNet は香港を拠点に今年3月10日からICOが開催され、現在では終了しています。

プロジェクトに利用されるトークンCNETは発行上限2300枚と少なめの枚数だったこともあり、上場後に価格が上昇する期待もありましたが上場先がマイナーな取引所だったために参加者達は予想外だったようです。

なかなか上場しないContractNet に不満をつのらせたICO参加者の一部の人達はテレグラムに書き込みをし、他のホルダー達の不安を煽っていました。

アナウンスなしの上場でだったようで、とにかく話題性が絶えないプロジェクトです。

ではContractNet は本当に不安材料ばかりを抱えたプロジェクトなのでしょうか?

ContractNetはブロックチェーン、IoTとスマートコントラクトを繋げる機能を持ちます。

IoTデバイスが創り出す膨大な量を取得し、独自の方法でデータを保存します。

ブロックチェーン上のスマートコントラクトと安全にデータを交換することで、時間のかかるワークフローを自動化することができます。

このようにIoTの新たな焦点に合わせてカスタマイズされた新しいブロックチェーンの研究を進めています。

Contact Net (コントラクトネット)の特徴

特徴的なのはスマートコントラクトを含むIoTのデータはブロックチェーン上から転送され、別の分散ファイルに保管されます。

この分散プロトコルによってスケーラビリティ(システム規模を状況に応じて拡張できる機能)が保たれます。

IoTデータを共有するための体系化されたフレームワークと、開発されたDappsにスマートコントラクトを実行できるContractNetのプラットホームは3つに分かれています。

IoTデータストリームのストレージ

ブロックチェーン上のトランザクション・スマートコントラクトの実行・ネットワークセキュリティデータの格納用として利用されます。

システム内のIoTデータは、IoT固有のニーズに対応するように1つのセンサー(特定のデータ)に構成されます。

プラットホーム上のトランザクションには、そのセンサー所有権やネットワークセキュリティ許可が記載してあるメタデータが含まれます。

これらは公的に監査可能なブロックチェーンに記録され、アクセス権にプライバシーが必要な時は保護キー付きのステルスアドレスを実装できます。

バーチャルチェーン

最初にセンサー所有者は、アドレスでトランザクションを発行することによってブロックチェーンにIoTデータを登録します。

このシステム内のIoTデータを別のユーザーが共有することもでき、その場合はIoTデータのアドレスとユーザーの公開鍵が発行されます。

これはトランザクションに限られた指定時間のみを共有することを許可するようにも発行することもできます。

データ・プレーン

IoTデータを格納するための分散ファイルの形成。

ユーザーのニーズに対応するように構成されたセンサーは、トランザクションによって生成されたキーを使用して暗号化されます。

そしてブロックチェーン上で取引に使用された同じアドレスを使用して格納されます。

これらのデータはデータプレーンによって転送されるため、ブロックチェーンに保管されるよりコストが大幅に抑えることができます。

これらの機能を持ち合わせたプラットホームでグローバルコミュニティも利益を得ることができます。

取引承認のマイナーはもちろん、データのストレージを提供IoTデバイス所有者として所有権を保持しながらサービスを共有して収益化することもできます。

開発者はIoTデバイスとスマートコントラクトを通信するデータプロバイダーとDappsを市場に有料でサービスを提供できます。

CNETトークンはプラットホーム上での交換媒体として利用され、ContractNetのチェーンに関わる人々や企業によって流動性が保たれます。

ContractNet(コントラクトネット)はどこで買える?

上場されたばかりのBTC-alphaはかなりマイナーな海外の取引所です。

アナウンスが公式になかった点を踏まえるとシステムに問題がないか、テストリリースをしているかと思われます。

今後、段階を踏んで流通量の多い取引所での上場されるでしょう。

海外の取引所になるかとは思われますが、公式の発表までもう少し待ちましょう。

ContractNet(コントラクトネット)のウォレットは?

ContractNet のウォレットは、公式サイトからダウンロードして、ウォレットを作成します。

CNET専用のウェブウォレットで管理します。

今年中にモバイルウォレットの提供の予定があります。

https://contractnet.com/ 公式サイト

注意

スマートコントラクトを実装しているからといって、マイイーサウォレットではCNETは管理できませんのでご注意ください。

ContactNet(コントラクトネット)の将来性は?今後どうなる?プロダクトは実現しているの?

lotへのブロックチェーンとスマートコントラクトの技術はまだ初期段階にもかかわらず、市場でのニーズが急速に増えているのが現状です。

IoT の基準やベンダーの信頼性資格情報のセキュリティコンプライアンスなどといった今後の課題も、解決していかなくてはなりません。

今回上場の時期が明確ではなかったために混乱を招いていましたが、ロードマップは2019年まで公開されています。

ContractNet の研究は富士通がパートナーとして参加しています。

ブロックチェーンでは取引処理が多数の場所で分散して実行されるため、一度実行すると簡単に停止できずスマートコントラクトに問題やリスクが簡単には修正できないという課題がありました。

富士通ではこのリスクのある取引の流れを自動的に特定するアルゴリズムを開発し、より安全性の高いスマートコントラクトを効率的に開発できるようになります。

ContractNet の研究でも、スマートコントラクトの問題性についていくつか挙げていましたので共同開発によって、解消されるものもあるかもしれません。

市場に対する需要によって、いわば競争化している開発分野も多数あります。

消費者もセキュリティを望むのであれば、利益目的だけではなく技術の進歩や修正の過程をしっかり見守っていくことも必要かもしれません。

https://contractnet.com/ContractNet.pdf  ホワイトペーパー

https://contractnet.com/ 公式サイト