仮想通貨「Bread(BRD)」を買いたい!特徴と将来性、買い方は?

仮想通貨の進歩とともに、通貨を保管するウォレットが続々と発表されています。

新作の財布が販売されると購入したくなるように、これからはウォレットのリリースごとに私達の心が弾む日がやってくるかもしれません。

日本ではおサイフケータイで馴染みのモバイルウォレット。

これだけでも充分キャッシュレスのスマートな機能を果たしています。

ですが大半の人々が現金や電子決済で支払いを済ませています。

日本のキャッシュレス化がなかなか進まないのは、端末を設備投資する小売店の負担や業界の単一性が図られていないためだといわれています。

もしあなたが手にした端末が世界中で自由に既存の銀行のサービスがそのまま受けれるようになったら?

ついに2017年12月24日に誕生した通貨がこれらを実現しました。

モバイル端末ひとつで何役もこなすBreadについてご紹介します。

仮想通貨「Bread(BRD)」とは?

Breadは世界最大級の分散型金融機関を目指しています。

ウォレットに特化したBRDトークンを利用する事でユーザーが金融機関と同じサービスを便利に提供する「BreadWallet」の開発チームによるプロジェクトです。

具体的には給与の受け取りや貯金、送金やローンの申し込みなど、、今まで銀行が請けおっていた業務にさらに取引も可能にしてBreadひとつでユーザー自身が管理できるようにしていこうというものです。

開発者のBreadチームはスイスに本社を構えるベンチャー企業で、すでに150ヶ国に顧客を持っています。

基盤がしっかりしていることから、ユーザーがBreadのプラットホームを通じて直接アクセスできる多様な金融サービスを随時追加していくでしょう。

またBRDトークンの使い道として取引手数料をBRDで支払うと割引になることや保有者限定のプロモーションやイベントなどのサービスに利用されます。

「Bread(BRD)」の特徴は?

Breadの特徴としてBreadRewardsプログラムがあります。

BRDトークンはイーサリアムのネットワーク上に構築され、その他の通貨と同様にユーザーがウォレットで管理することが可能です。

さらにサービスを向上させるためにイーサリアムやERC20トークンの送受信や保管のサポートを追加するそうです。

このことはユーザーがBRDトークンに頼らず、いつでもウォレットから取引を始めたりトークンの送信を行うことができます。

BRDトークンを活用することで報酬がもらえたり、アプリ内で特典が付いてくることはユーザーにとってもメリットですね。

BreadはP2Pレンディング(WEBで個人間のお金の貸し借り)やポートフォリオ管理(資産全体のバランスを見て分析や検討する)も取り入れることを発表しています。

P2Pネットワークに直接接続できることによって、ハッキングが起きた場合も資産は各自のウォレットで保護されていることもセキュリティ面で優れているといえます。

「Bread(BRD)」はどこで買える?扱っている取引所は?

Breadは現在Binanceのみでの取り扱いになります。

ICOやプレセールでは完売するほどの人気がありましたので今後もどこかの取引所で取り上げられる可能性を秘めています。

Binanceでの口座開設はフリーメールアドレスとパスワードの入力だけで簡単に行うことができます。

Binanceでは投票制によって上場予定のコインを決めるので、常に人気のある通貨をチェックできます。

さらに詳しく情報を得たい方は、公式Twitterをフォローすると上場コインの最新情報が送られてきます。

「Bread(BRD)」のウォレットはどこで入手する?

BreadWalletは現在ではBreadと改名してアプリをダウンロードして利用できます。

https://token.breadapp.com/jp/

ビットコインのみの対応のウォレットです。

約50万ダウンロードを達成しており、ビットコインのウォレットとして親しまれていて人気があります。

ですが残念ながらイーサリアム系のアルトコインにはまだ対応してないため、BRDを保管するにはやはりマイイーサウォレットを利用しましょう。

マイイーサウォレットは今後ICOされる通貨を受け取るために必要となることが多く、エアドロップの配布にも利用されてます。

仮想通貨取引のマストアイテムですね。

Breadはモバイル端末ひとつで資産の管理はもちろんウォレットで仮想通貨の取引を実現することを目指していますので、今後イーサリアムのトークンや他の通貨に対応できるように開発を進めていくと思われます。

もともとのモバイルアプリも画面が見やすいことから、新たに誕生するであろうアプリにも期待が持てそうです。

「Bread(BRD)」の将来性は?今後はどうなる? プロダクトは実現しているの?

Breadの今後のプロダクトで注目すべきは決済のオープンプラットホームの開設です。

顧客との関係性強化につながる事が今後の事業拡大に関わるからです。

ユーザー側にとって、サービスを受けるために何度も個人情報を入力するのは購買意力が低下してしまいがちです。

利用しやすいことは、競合するプロジェクトに勝ち抜く一番の強みです。

ここが安全にクリアできれば、今後のユーザー数獲得につながります。

まだ上場して間もないとはいえ、プロジェクトは順調に進んでいますし、従来の金融機関にはない仮想通貨の売買を追加した機能を兼ねていることから、私達が手にするのもそんな遠い日ではないでしょう。

ICOで注目を集めたことと功績を確実に残しています。

2018年は開発がどんどん進んでいくようなので、今後もプロジェクトから目が離せなくなるでしょう。