仮想通貨「0xproject(ZRX)」を買いたい!特徴と将来性、買い方は?

分散型取引所(DEX)が本格的に始動しようとしています。

DEXは従来の取引所と違い、中央管理者がいなくても、個人でコインを売買したり資産を自分で管理できる取引所のことを指します。

ユーザーは取引手数料を安く抑えることができ取引所によるハッキングや流出事件に巻き込まれることもなくなります。

ユーザーの中で自分の資産は自分で守るという意識が芽生え、今DEXが主流になろうとしています。

仮想通貨のDEXを今後主流に導く0xproject (ゼロエックスプロジェクト)がユーザーの中で話題を集めています。

0xproject とは一体どのようなものなのか見ていきましょう。

仮想通貨「0xproject(ZRX)」とは?

0xproject は0xプロトコルを利用した分散型取引所のプロジェクトのことです。

プロトコルとは通信上での規約や約束事と考えていいでしょう。

0xはイーサリアムのプラットホーム上で作られたトークン同士をほぼ無料で交換するための通貨です。

通貨の単位はZRXです。

すでに0xを利用しているプロジェクトは多数あります。

0xを取り入れたプロジェクトに「Aragon 」があります。

Aragonは分散型組織をマネジメントするアプリケーションです。

0xを利用している通貨も数多く存在することから、今後はイーサリアムのスマートコントラクトで作られたDapp が増えていくことが予想されます。

今までのDappでは時にDapp専用の通貨を使い分けする必要がありました。

0xを利用する事で、ETHでも使用料の支払いができるようになります。

連携しているDapp間で流動性が生まれます。

これは分散型取引所の抱えていた流動性が低くて利用しにくいといった問題を解決に導くでしょう。

「0xproject(ZRX)」の特徴は?

従来のDEXは取引の注文やキャンセルなども含めて、トランザクションが作られブロックチェーンに全て記録されていました。

取引が成立した時だけではなく、全ての処理が完了するため時間もかかり、手数料もその都度かかってしまいます。

イーサリアムネットワーク自体にも負担がかかっていました。

これを改善したのが0xです。

取引を行う処理の時だけブロックチェーン上(オンチェーン)で実行し、それ以外の変更やキャンセルはブロックチェーン外(オフチェーン)上で行う事で、取引の効率化と手数料削減を実現できたのです。

また0xの分散型プロトコルにはビルディングブロックといって、需要の高いDappsを自身にまとめる機能がついています。

0x projectは将来的にイーサリアムはもっと他の通貨との

繋がりを持つことを予想して作られています。

オフチェーン、オンチェーンとは?

0xでは取引の注文をする者をメイカー、注文を受ける者をテイカーと呼び、この間の注文の管理はオーダーブックと呼ばれる場所に保管されます。

オーダーブックはリレイヤーと呼ばれる主体が管理します。

誰でもリレイヤーとして活動することができます。

リレイヤーは取引手数料の希望額と手数料を受けとるアドレスをテイカーに提示します。

了承の署名を得られれば、リレイヤーはオーダーブックの管理の報酬として手数料を受け取ります。

手数料の額はリレイヤーが決めています。

リレイヤーはオフチェーン上でオーダーブックの管理をするだけなので、実際に決済をするのはイーサリアムのブロックチェーン上(オンチェーン)で安全に行わ

れます。

このことにより電気代のコスト、手数料、ブロックチェーン上の負荷の全てを軽減することが実現しました。

「0xproject(ZRX)」はどこで買える?扱っている取引所は?

0XprojectはICOセールの後にLiqui という取引所に上場し、その後Poroniex に取引を開始して現在ではBinance などで購入できるようになりました。

ICOの時から0xは人気があり、Liquiの上場の時にはICO価格の8倍、Proniex の時には12倍になったほどです。

Liqui はウクライナの取引所でPoroniex はアメリカの取引所です。

このふたつとも日本語のサポート面で購入しにくいと思われるため、Binance をおすすめします。

マーケット別に見ても一番取引量があり、Binance 取引所のバランス(残高)によって、エアドロップを開催したり、上場予定のアルトコインの人気投票などのユニークなイベントを開催してる人気の取引所です。

「0xproject(ZRX)」のウォレットはどこで入手する?

ICO の時はメタマスクを推奨していましたが、プラットホームがイーサリアムですので、基本的にイーサリアム用のウォレットであれば対応できます。

モバイルではマイイーサウォレットが公式で出ていて人気があります。

0xをもし長期保有する場合には、コールドウォレットも視野に入れておくとより安心です。

TRZORは評価が高いようです。

現在コールドウォレットは人気で品切れが出てしまうことがあります。

また公式サイトで購入することをおすすめします。

ハードウェアウォレットTREZOR(トレザー)の初期設定とコインの受取り

Ledger Nano Sでパスフレーズが印刷されているスクラッチカードが同封してあり、利用したら資産を全て盗まれてしまった事例があります。

パスフレーズは使用する前に設定するものなので、商品と一緒に送付されることはありません。

ハードウェアウォレットLedger nano Sを日本代理店Earth Shipで購入してみました

「0xproject(ZRX)」の将来性は?今後はどうなる? プロダクトは実現しているの?

0xproject が目指している様々な通貨が自由に取引出来るような、流動性が高い将来を目指すためにはリレイヤーの環境づくりが必要不可欠です。

この必要不可欠な環境の土台はすでに整ってきています。

交流機能がついたDappsの開発の準備、そして大手取引所のBitfinexも「Ethfinex」というサービスを予定しており、リレイヤーの数が増加しています。

このように現実味を帯びたプロジェクトが着々と進んでいます。

Dappsでイーサリアムネットワークで繋がっている店舗や病院、銀行などで仮想通貨を利用出来るシステムは今後もっと増えていくでしょう。

ICOの前からかなりの注目を集め、従来の取引所の問題をクリアしている0xproject は今後さらに拡張していくと予想できます。