仮想通貨「Ethlend(LEND)」を買いたい!特徴と将来性、買い方は?

あなたは銀行口座を所有していますか?

ほとんどの人は、はいと答えるでしょう。
ですが世界的に見て、銀行口座を持つことは当たり前ではないのです。

発展途上国の中には、銀行やATMが近くになく銀行口座を持つことさえ、ままならない人々もいます。

銀行口座を持てないことが残念なことではなく、融資や資金の調達のアクセスがないことでビジネスチャンスを逃しています。

このように銀行などの仲介がなくても誰でも自由に融資を受けられるように金融格差を解消していく理念のもと、誕生したのがETELendです。

仮想通貨「Ethlend(LEND)」とは?

ETHLendとは、ブロックチェーン上で融資の民主化を目指すプロジェクト名です。
世界中の人々が自由にお金の貸し借りができるプラットホームの構築を目指しています。
このプラットホームで使用されるのがLENDトークンです。
2017年12月に公開されました。

ETHLendによる融資はスマートコントラクトを用いて実行されます。
融資を受けたい者がスマートコントラクトに、希望金額や金利、借入期間などを設定します。

その後、融資に必要なトークンを担保として送金します。
条件の合う貸し主との契約が自動的に実行される仕組みです。

すべての取引はイーサリアム・スマートコントラクトで管理されるため、ETHLendが資産を保有することはありません。

「Ethlend(LEND)」の特徴は?

ETHLendのプロジェクトは、融資を受ける者と貸し主の双方にメリットがあります。
融資を受ける者は従来の金融機関のように、本人確認の審査に多くの時間を費やすことがなくなります。
また高い金利や手数料を支払うことなく、安心して融資を受けることができるのです。
ETHLendの手数料は0.01ETHです。

貸し主も返済が履行されれば、金利分で資産を増やすことができるでしょう。
このようなサービスを実現できるのはブロックチェーン上で作成した契約がそれぞれの機能ごとに分散されているからです。

ローンの返済はERCトークンで保護されます。
返済されなかった場合に担保として送金したトークンが貸し主のアドレスに転送される仕組みになっています。
イーサリアムネームサービスドメイン(.eth)は担保として使用されます。

さらに融資を受ける者が返済すると、1ETHにつき0.1ETHLendのCREを受け取ります。
この場合のCREはお金を借りるため保証するトークンのことを指します。

融資を受ける者がCREを利用して無担保ローンにアクセスできるようになります。
貸し主は無担保ローンを提供することで、より高い利益にアクセスできるようになります。

ETHLendでは、無担保で融資を行うことができ、その場合は金利も通常より高く設定されています。
信用度や貢献度で次のステージにアクセスできる仕組みが特徴です。

「Ethlend(LEND)」はどこで買える?扱っている取引所は?

ETHLendを扱っている国内取引所はまだありません。
2017年12月にBinanceで上場されました。
取引価格は1LEND=約$0.01からスタートされ、現在では約$0.08まで値動きがありました。

他には、BitboxとKucoinがあります。
購入方法は、国内の取引所からビットコインもしくはイーサリアムを購入し、海外の取引所に送金してLENDを購入するといった流れになります。

取引量が多いBinanceをおすすめです!
のちにご紹介するウォレットはBinanceのトークンに対応してます。BNBトークンで手数料を安く抑えましょう。 

「Ethlend(LEND)」のウォレットはどこで入手する?

ETHLendのウォレットでおすすめなのが、「eidoo」ウォレットです。
ETHLendとeidooはICOの時から提携しています。
エアドロップが開催されたときに、eidooでLENDを受け取ることができました。

公式でアナウンスがあった信頼できるウォレットです。
あまり聞きなれないウォレットですが、ios版とandroid版を無料でダウンロードできるモバイルアプリです。

eidooは入金した通貨をどの通貨か自動で判別してくれるので、ひとつのアドレスですべての通貨のやり取りが可能です。
ただし対応していない通貨もあります。イーサリアムやERC20トークン、ERC223トークンなどに対応しています。 

「Ethlend(LEND)」の将来性は?今後はどうなる? プロダクトは実現しているの?

ETHLendの今後のロードマップは、明確に開示されています。
現在はETHのみの貸し付けになりますが、ビットコインやアルトコインの対応を予定しています。

LENDトークンによる手数料の支払いの開始が始まれば、手数料の割引サービスが導入されます。

興味深いのが、AIの搭載です。AIを利用した貸し出しリスクの自動判断機能です。
これは貸し主の融資判断のひとつになるでしょう。

ETHLendのプロジェクトに似ているものにRipioがあります。
Ripioも仮想通貨を利用したクレジットプラットホームですが、取引実行までの工程がとても多いです。

ETHLendも今後、本人認証を導入予定ですので、この工程がどのくらい手間がかかるのか気になる点です。
似たような競合する仮想通貨が多い中で、ETHLendの特性をどう活かしていくのかが重要になるでしょう。