DMMビットコインの特徴、メリット・デメリットは?

日本では、仮想通貨の需要に追いつこうと法の整備が整わぬまま仮想通貨取引所は運営を続けてきました。

金融庁の立ち入り調査が行われたのは、今年に入ってからです。

それと同時にビットコイン等の価格は下降しました。

よく考えてみると、通貨の価格は今までが異常なほど高値だと感じたことがあるのではないでしょうか?

ブロックチェーンは誰でも自由に利用できるとして誕生したはずだったのに、富裕層と呼ばれる人が保有する通貨になっていましたね。

金融庁の規制がより検討されている中、新しい通貨の導入は取引所内でも見送られています。

今後各取引所で、流動性を確保するためにはなんらかのサービスや差別化が図られることが予想されます。

通貨の急激な上昇は落ちつき、新規のお客様向けのキャンペーンが開催されるとしたら?

取引を始めるいい機会を得られるかもしれません。

その機会のひとつの選択としておすすめの取引所がDMMビットコインです。

DMMビットコイン取引所の概要

DMM.comがグループ会社の株式会社東京ビットコインの全株を取得して、新しく社名変更して誕生したのがDMMビットコインです。

既に株式会社東京ビットコインは2017年12月に金融庁から仮想通貨交換業の認可を受けています。

その後サービスやシステムを新しくして、2018年1月10日にサイトをオープンしました。

ローラさんでお馴染みの新しい仮想通貨取引所です。

DMMグループ はDMM.com証券でFX口座開設数がトップの大手企業で認知されており、オープン前からかなりの話題を集めていました。

各手数料が無料ということで、開設に踏み切った方もおられるのではないでしょうか?

特に日本円の出金の際、ほとんどの取引所が手数料が必要になる中、DMMビットコインは出金手数料がかかりません。

取引所に資産を預けたままにしておくのは、どの取引所においてもリスクがあります。

こまめに日本円を取り出せるというは、初心者の方にとって優しい設定になっています。

DMMビットコインは他の仮想通貨取引所と差別化を測り、歴史が浅いながらも急速に加入者を増やしてきました。

その魅力はどんなところにあるのでしょうか?

特徴を探りながら仮想通貨の取引についても知識を広げていきましょう。

現在DMMビットコインは、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ネム、リップルの人気通貨7種類の取り扱いです。

取引所の特徴

DMMビットコインは人気通貨の7種類の取り扱いがありますが、現物取引(通常の通貨の売買)は ビットコインとイーサリアムのみになります。

残りの5種類に関しては、レバレッジを5倍かけて取引をする事が出来ます。

FXといえばレバレッジというくらい、少ない投資額で利益を何倍にもできる事で主流になっていますが、ここで気をつけることがあります。

DMMビットコインでは様々な手数料が無料ですが、取引所ではなく販売所形式です。

スプレッドと呼ばれる売値と買値の価格差 は見えない形で、手数料として発生します。

このスプレッドはレバレッジ取引にも大きく関わってきます。

レバレッジ取引の際に、保証金を担保として預け入れます。

追証といって預け入れた保証金以上の損失が定められた期日内で発生した場合、追加で担保を預けなくてはなりません。

DMMビットコインではこの追証がない分、代わりに担保して預け入れた保証金が80%を下回ると強制的に取引が終了します。

これをロスカットといい、ロスカットはスプレッドが大きいほど発生しやすくなり、値動きの激しい仮想通貨市場ではなおさらです。

少ない額で利益が大きくなるということで、安易に飛びついてレバレッジを続けていると損失がだんだんと大きくなってしまいます。

レバレッジの使い方で、保有している通貨の価格が大きく下落傾向にある場合、レバレッジをかけて空売り(ショート)をしておけば、損失を減らせることがあります。

空売りとはDMMビットコインに通貨を借りて、売った後に買い戻す事で差額を得ます。

このようにレバレッジはロスカットのリスクを回避することもできますが、相場の山を見極めることが必要です。

レバレッジがどのようなものか何となく掴んでいただけたのではないでしょうか。

 

現在、DMMビットコインでは「新規口座開設完了でもれなく1,000円プレゼント!」というキャンペーンを6月30日まで開催中です。

DMMビットコインの手数料について

DMMビットコインでは、入金を「入庫」、出金を「出庫」との記載があります。

実際、画面上で操作する際に、出庫数 は送付するビットコインやイーサリアムの数量ですので普段通り操作してください。
 

  • アカウント登録手数料・・・登録料と口座維持費共に無料です。
  • コイン売買手数料・・・レバレッジ取引の際、未決済建玉の決済日を過ぎた1日につき建玉金額の0.04%必要です。
  • コイン送金手数料・・・DMMビットコインの手数料は無料ですが、他の取引所同様にマイナーへの手数料が必要です。

ビットコインは0.0008BTC以上で出庫時に指定する必要がありとの注意事項がありますが、急いで 反映させたい場合には手数料が多いほど送付スピードが速くなります。

イーサリアムは0.001ETH で固定です。

1日に出庫する上限も定めがありビットコインは10BTCで、1回の最低出庫数は0.02BTC です。

イーサリアムは200ETHで、1回の最低出庫数は0.1ETHです。

  • 入金手数料・・・入金には銀行振り込みとクイック入金のふたつの方法があります。

どちらも手数料は無料ですが、各金融機関の振込手数料がかかります。

クイック入金対応の最低金額は5000円以上です。入金先の銀行はユーザーごとに異なります。

ネット銀行口座をお持ちの方は、他行宛振込手数料無料サービスを上手に利用すると良いでしょう。

  • 出金手数料・・・出金手数料は無料です。

出金最低金額は2000円からです。

全額を出金する場合では2000円未満でも対応してもらえます。

手数料が無料ということは、すぐに日本円で 取り出せる安心感につながります。

他の取引所と比べて優れている点です。

DMMビットコインは水曜日 にメンテナンスが入りますので、そのあたりも踏まえ、余裕を持って手続きをとりましょう。

DMMビットコインのメリット・デメリットは?

DMMビットコインは、販売所形式ですので決まった価格でビットコインやイーサリアムを購入してみたい初心者の方には始めやすいでしょう。

さすがDMM.com証券をグループに持つだけでにスマホ版アプリが使いやすく、見やすいチャートでワンタッチ発注もできます。

サポートでもLINEを取り入れています。モバイルで取引をしたい方には高評価です。

最近の情報でDMMグループが新しい通貨通貨取引所「cointap 」が早くも誕生するようです。

始めてのビットコインはcointap  https://cointap.jp/

ビットコイン以外にどのような通貨を扱うのかはまだ発表がありませんが、気になった方は事前登録だけでも済ませておくといいでしょう。

メールアドレスを送信するだけで、リリース時の招待とお得な情報を優先的に受けとることができます。

一方、デメリットはDMMでは注目度が高いリップルを含め7通貨でのレバレッジ取引を可能にしていますが、5倍固定での取引しかできないのは、ハイリスク・ハイリターンで初心者の方向けではないように感じます。

cointap リリースがこのあたりの鍵を握っているのかもしれません。

DMMグループは金沢でマイニング事業も開始しており、資金力があることから将来的に見ても様々な分野で積極的に活動していくのが予想されます。

DMMビットコインはアナリストによる相場レポートや海外の規制状況などもニュースで配信できるよう検討しています。

取引画面やスマホのプッシュ通知で有益な情報をキャッチできるような方向で準備を進めています。

口座を開設した取引所で一括して仮想通貨に関する情報を得ることができるようになるかもしれません。

DMMビットコインに口座開設してみる