BitTrade取引所の特徴・手数料・メリット・デメリットについて

仮想通貨市場は今年に入って大きな変化があり、もちろん通貨を扱う取引所も失った仮想通貨市場の信頼を取り戻そうという動きがあります。

コインチェックはマネックス証券を運営するマネックスグループが買収案を提出しており、近いうちに何らかの動きがあるかもしれません。

取引所に問題があると、資金を動かせなくなって困るのは取引所を利用していた人達です。

仮想通貨市場が下落傾向だからといってブロックチェーンの技術の価値が本当に0になるのでしょうか?

むしろ実用化に向けて取り組みが始まっています。

投機目的ではなく実用化が進む前に仮想通貨を少額購入してみるにはいい時期かもしれません。

セキュリティに力を注いでいる取引所BitTradeは、初心者の方向けでも本格的なチャートシステムを体験することができます。

知名度こそあまり高くないですが、仮想通貨取引所の口座開設から取引の流れまで丁寧に対応しているお勧めの取引所です。

ビットトレード

BitTrade取引所の概要

BitTradeは、2016年に設立され金融庁の許可を受けた仮想通貨取引所です。

国内のFX業者の中でも人気のFXトレード・フィナンシャルが関連会社です。

そのためトレードツールに「Trading view」を採用しており、PCでもスマホでも見やすい画面チャートが人気です。

bitbank とホワイトラベル契約による業務提供をしているので、両者の取引板は共通していて流動性が確保されています。

そのため画面や取り扱い通貨やサービスが似ているのです。

bitbankと同様、マルチシグによるコールドウォレットとホットウォレットの管理体制を構築しています。

さらに保有しているコインは全てコールドウォレットで保管して高いセキュリティレベルで管理しています。

取り扱いコインはビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、ライトコイン、モナコインの6種類になります。

BitTrade取引所の特徴

BitTradeは販売所形式ではなので、通貨の売買は指値注文と成行注文の板取引で行います。

他の取引所に比べて初心者向けの説明やマニュアルが充実しているので、操作さえ覚えてしまえば直感的に板取引に参加することが可能です。

ワンコインで始められる取引所としてPRしていますので、試しにどんな流れなのか掴んで見るのもいいいかもしれません。

いくつかの取引所を利用している人でも、リップルの板取引ができることで重宝されています。

アルトコインが販売所形式でしか購入できない取引所と比べて手数料が安く抑えられることがあります。

ただどうしてもbitbank とシステムが同じなので、キャンペーンで全ペア通貨取引手数料を開催しているbitbank に軍配が上がります。

トレードツールに高機能のオンラインチャートシステム(Trading view)を採用しているので、先物取引も扱っているのかと思われますが実際にはレバレッジをかけたFX・信用取引はできません。

現在は現物取引のみになっていますが、MT4を扱うFX業者であるFXトレード・フィナンシャルが業務提携していることから、各種サービス連携やFXの取り扱いをスタートすることも考えられるでしょう。

そうなるとアルトコインの種類が豊富だという要素はかなりの強みになります。

信頼感のあるFX業者が関連していることから、今後のBitTrade のサービスに期待が持てそうです。

BitTadeの手数料について

  • アカウント登録手数料・・・口座開設費用、維持費ともに無料です。
  • コイン売買手数料・・・メイカー(指値注文での売買)手数料とテイカー(成行注文での売買)手数料が設定されています。

指値注文はユーザーが自分で決めた設定金額で売り注文を出します。

板に乗っている 価格より設定金額が高い場合はすぐ売ることができません。

この場合の買いたい人もメイカーです。

その場合は板の上の注文がしばらく乗ることになります。

成立するとコインの種類によって変わりますが、メイカー手数料(0.2〜0.3%)が必要です。

反対に成行注文は買いたい人の金額で成立するので板の上に乗ることなくすぐに売買が成立することになります。

すでに板の上に上がっているもので売買をする場合はテイカー手数料(0.2〜0.7%)がかかります。

  • コイン送金手数料・・・仮想通貨の送金の際にマイナーに支払う手数料です。

BTCは0.001BTC、BCCは0.001BTC、LTCは0.001LTC、MONAは0.001MONA、ETHは0.005ETHです。

XRPはリップルネットワークのトランザクション手数料として0.15XRPが必要です。

  • 入金手数料?・・・入金手数料は無料ですが、各金融機関の振込手数料が必要です。

クイック入金は現在取り扱いがありません。

  • 出金手数料?・・・出金先の金融機関に関わらず、一律 648円必要です。

出金手続きの後に承認用メールが届き、承認をしないと手続きが完了しません。

BitTradeのメリット・デメリットとは?

現在、公式のホームぺージのリニューアルに伴いメンテナンスを行ったところ、一部に不具合が見つかり、リニューアルを延期しているそうです。

一時的な不具合とはいえ、システム障害等が比較的多いのは気になりますね。

BitTradeでは6種類の通貨の取り扱いがありますが、イーサリアムとライトコインの取引はビットコイン建で行うことになります。

この2種類が日本円で購入できないのが気をつけるところです。

手数料を比較すると、割高に感じるかもしれませんが安全性を重視しつつ、安心して始めることが初心者の方にとって一番のメリットになるでしょう。

BitTradeでは、ビットコインを0.0001BTC単位の少額から購入できます。

初めてビットコイン取引を体験してみたい方には、各種マニュアルが充実しています。

PC版、スマホ版のスタートガイドは口座の開設からあり、どの取引所よりも親切でわかりやすいと思います。

BitTrade は公式LINEアカウントがありますので、最新情報やレート配信を知りたい方は友達追加で情報を収集できます。

リスクを感じることなく始められますし、分散投資ができるセキュリティのしっかりした取引所で口座開設しておくのもいいでしょう。

 

ビットトレード