BITPOINT(ビットポイント)の特徴、メリット、デメリットは?

皆さんが仮想通貨を求める理由には何があるでしょうか?

中には単純に儲かりそうだから、もしくは皆んなが持っているから、あるいは最新のテクノロジーを応援したいからなど様々な意見があると思います。

仮想通貨の取引で人生が良くも悪くも変わった人々も多いでしょう。

今回、ご紹介するBITPoint という国内仮想通貨取引所は初めて取引を始める人にとっては敷居が高く感じるかもしれません。

なぜならBITPoint を知る上で投資家と呼ばれる人々の世界を垣間見ることになるからです。

投資家の人々がどのようにして、長期に渡って投資を続けていられるのかということを知ったり、今後の自身の投資方法について見直す機会になるかもしれません。

初心者でも自分の資産を仮想通貨に投じるということは投資家のひとりです。

大事な資産を管理するために、少しでも役立つ情報や今後のビジョンのヒントを見つけていきましょう。

取引所の概要

BITPoint は2016年3月に設立され、2017年9月に仮想通貨交換業者として金融庁の認可を受けている国内の取引所です。

東証企業上場の株式会社Remixpoint を親会社にもち、元金融庁長官が顧問弁護士を務めることから法的サポートも整った信頼性が高い取引所です。

設立してまだまもない会社ですが他の取引所にはない特徴があります。

他の取引所との差別化を図る事で、BITPoint にはベテラントレーダーから高い評価を受けています。

高い支持を得ている理由には、国内最大のレバレッジ25倍を提供していることと、FX取引で有名なMT4を日本初で仮想通貨取引に取り入れたことです。

最近のニュースでは円高傾向に向かいそうな為替市場の動きが一時ありましたが、逆に円安に向かう動きがあったときはドル建てで購入した方が利益が高くなる傾向があります。

BITPoint では米ドルでの売買を可能にし、外貨を含むアービトラージ(裁定取引)をできる機能があります。

各取引所間で通貨の価格の差を感じたことはないでしょうか?

アービトラージはこの各取引所間の通貨の価格差を利用して、安い取引所から通貨を買い、高い方の取引所で売って利益を出すというシンプルな仕組みの取引方法です。

ビットコインの投資家が世界中にいることから、トレーダーにとって取引の選択肢が増えるメリットは大きいでしょう。

BITPoint ではビットコインを利用した決済サービスにも提供しており、店舗向けの決済アプリ「BITPoint Pay」 やBITPoint の口座を持っていればすぐ利用できる「BITPoint Wallet」のモバイルアプリがあります。

現在の取扱コインはビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムに新たにライトコインリップルが追加されました。

ビットコインを購入するならBITPoint

取引所の特徴

BITPoint では、現物取引レバレッジ取引FX取引全て取引料が無料です。

ですがレバレッジ取引には別途、建玉(たてぎょく)管理料が必要になります。

建玉はポジションとも呼ばれ、売買の約束はしているが、未決済の状態のことをいい、取引が完了していません。

建玉には必ず売り手と買い手が存在するので、投資の世界ではその銘柄の人気をはかる指標のひとつとして知られています。

新規建時に新規建玉金額の0.035%が必要となり持ち越した日毎に徴収されます。

レバレッジ最大25倍というのは海外の取引所と比べて低い数値に感じるかもしれませんが、金融商取引法で定められた個人で利用できる最大倍率です。

追証がないとはいえ、実際25倍をかけるということは、かなり高いレベルだといえます。

同じくFX取引にもスワップ費用が発生します。

BITPoint でのFX取引において、日毎にかかる借入手数料を意味するスワップ費用が発生する理由には取引所から借金をするという形で取引をしているからです。

このような取引方法を信用取引といいます。

もうひとつ先物取引がありますが、たとえビットコインの価格が上がっても下がっても必ず先に約束した約束で売買する方法で、 国内の取引所のBitbank Trade が先物取引にあたります。

このようなことから実際は取引手数料が無料となってますが、取引所に支払う費用が必要となります。

このコストをできるだけ抑えて短期決済で利益を確保することが初心者の方にはハードルが高いといわれる要因です。

BITPoint の手数料について

  • アカウント登録手数料・・・無料です。口座管理料もありません。
  • コイン売買手数料・・・ビットコイン、アルトコインともに手数料は無料です。

 取引ツールに MT4を選択した方は変動スプレッド制になります。

  • コイン送金手数料・・・送金手数料はBITPOINT が負担しているので無料です。

 リップルのみ新規アドレスで受け取りが行われる際に受け取り側にアドレス有効化費用として20XRP必要になります。

  • 入金手数料・・・BITPoint では即時入金サービスを提供しています。イオン銀行とジャパンネット銀行です。
  • 即時入金サービスの利用の場合、入金手数料が無料になります。

 その他の銀行は銀行ごとの手数料が必要です。

 3月15日からスタートしたお客様専用 入金口座サービスでは、従来1時間ほどの反映が即座に入金額が反映されるようになりました。

  • 出金手数料・・・各銀行の手数料が必要になります。

BITPoint のMT4とは?

MT4(メタトレーダー4)は世界的にも人気のフリーのFXツールです。

MT4の特徴に自動売買機能があることです。

仮想通貨の値動きは大きく変わるので、買いや売りのタイミングを逃してしまうことがあると思います。

そんな時、EAと呼ばれるあらかじめ設定した取引用のプログラムが24時間自動で取引をすることを可能にしてくれます。

買う値段とそれを買った後にいくらで売るかということを最初に設定して注文できるからです。

分析にはそれなりの知識が必要ですが、プログラミングのC言語ベースが使える人や元々FXでMT4を使ったことがある人は、便利で手放せないツールです。

各種テクニカル分析がMT4には標準で備わっており自分好みに細かく設定できます。

iPhone アプリやAndroid アプリもありますが、EAを利用する場合、PCをつけっぱなしにできる環境が必要です。

EAの利用にあたっては、自身で作成したEAや第三者が作成したEAに関わらずプログラムの欠陥や誤作動によって損失があった場合も取引所の保証はないため、全て自己責任で行うことになります。

ビットポイントのメリット・デメリットは?

BITPoint のメリットはコインの送金手数料が無料であるということでしょう。

他に利用している取引所に送って安くコインを買ったり、資産を柔軟に動かせることができます。

通貨ペアの種類が豊富なのも魅力です。

例えば総合口座に日本円しかなくてもBTC/USDやBTC/EURなどの外貨の買い付けも可能です。

現物取引の場合も売却する金額をBITPOINT が取り扱う通貨から自由に選択することができ、外貨で受け取った場合もタイミングを見て日本円に換金して出金ができます。

取引所を選ぶ際に重要視される資産の保管方法もコールドウォレットでの保管はもちろん、分別管理といって取引所の保有資産と顧客の資産を別々に管理しています。

お金の混濁を防ぎ、資金の保全体制もしっかりしています。

BITPoint の最大のメリットであるMT4を初心者の方が使いこなすのは難しいですが、通常取引ツールがありますのでそこから始めてみるのもいいかもしれません。

現在開催している「初めての仮想通貨取引応援キャンペーン」にて2018年3月31日までに口座開設を申し込み、4月16日までに初回の入金を済ませると3000円相当のビットコインがもらえます。

デメリットはその他の取引所に比べて、メールアドレスで簡単に登録できるウォレットクラスやアカウントクラスといったお試しのようなクラスがありません。

最初の登録で本人確認書類を提出して総合口座の開設し審査を受ける必要があります。

レバレッジ取引やBITPoint FX 取引をするにはそれぞれの口座の開設が必要になり、開設には50万円以上の金融資産の条件などの基準が設けられています。

このふたつの取引はBITPoint 内の取引のため、確定申告で必要な損益を確定して期間損益証明書をダウンロードして利用できます。

BITPoint(ビットポイント)の口座開設はこちら