bitbank(ビットバンク)の特徴、メリット・デメリットは?

仮想通貨を購入してみたい方にとって、最初の登竜門である取引所を選択することはかなり迷いがでるかもしれません。

今後、自分の資産を預ける大事なパートナーとして取引所の特徴やメリット・デメリットを把握しておくことは大事です。

分散投資として、いくつかの取引所で少額から始めるのもいいかもしれません。

ですが取引所を選択にするにあたって、手数料のことやセキュリティの面で各取引所によって、同じ通貨を扱っていても違いがあります。

仮想通貨を購入するのは画面の指示に従ってクリックするだけで簡単にすぐに購入できます。

その前に取引所についてちょっとだけでもお得な情報や特徴を知っていれば、不安を感じずに始められるかもしれません。

日本国内の取引所のひとつ、bitbank は歴史あるセキュリティに力を入れた取引所です。

bitbank とはどのような特徴を持つ取引所なのか詳しく見ていきましょう。

ビットバンク取引所の概要

bitbank は2014年に運営を開始しました。

その後2017年9月に仮想通貨交換業の登録を完了しています。

金融庁の許可を受けている日本の仮想通貨取引所です。

bitbank では全ての通貨をコールドウォレット(インターネットから分離された保管用のウォレット)を利用しておりセキュリティ面で安心があります。

NEMの流失事件では、ホットウォレットでの保管とマルチシグネチャ(マルチシグ)を導入していなかったことが問題になりました。

マルチシグとは複数の鍵を分散管理する運用のことです。

トランザクションの署名に複数の秘密鍵を必要とする事で、セキュリティを高め秘密鍵が紛失した場合などに対応できます。

bitbank では、取り扱いコインの内のビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、モナコインリップルにすでにマルチシグに対応しています。

その他のイーサリアムにもさらなるセキュリティの強化のためマルチシグ導入に向けて検討しています。

全部で6種類の通貨の取り扱いがあります。

大手取引所に比べて知名度が低いですが、他の取引所にはないサービスを提供しているためニーズが高まってきています。

コールドウォレットとマルチシグ化の併用で高いセキュリティがユーザーからも支持されています。

ビットバンクの口座開設はこちら

ビットバンク取引所の特徴

bitbank の特徴はなんといっても、取り扱うアルトコインが「取引所」形式で安く手に入れられることです。

今話題のリップルライトコインを購入したい方におすすめです。

リップルは国際送金サービスに力を入れており、すでに導入に向けて100社以上と契約しており大手アメリカン・エクスプレスと提携をしています。

ライトコインは「Litepay」というライトコイン専用の高速で低コストの支払い端末の導入が期待されている通貨です。

そこで人気のリップルとライトコインの板取引ができて、スプレッド手数料を安く抑えられるのがbitbank です。

板取引の画面でチャートの横に変化を伴う数値が並んでいるのを見たことがないでしょうか?

これは売買板と呼ばれ、売り注文と買い注文が並んでいるのです。

もし板取引に挑戦してみたい方は、指値注文と成行注文という欲しい通貨の数量と金額、もしくは希望する通貨の数量のみ指定して購入するふたつの方法があります。

初心者の方は指値注文を利用しましょう。

すぐに取引が成立しない場合もありますが、注文ホームに通貨の数量と希望する金額を入力して、予約注文して成立を待つ方法です。

成立するまで時間がかかるかもしれませんが、チャートとにらめっこする必要がありません。

売る時も希望の金額で取引を実行できるメリットがあります。

反対に成行注文は希望する数量のみ指定するため、取引板の売り注文に並んでいる一番安い価格から順番に希望する数量になるまで購入し続ける方法です。

この方法だとすぐ購入できる分、購入数が多い場合には注文板の状況によって高くなってしまうことがあります。

もうひとつ取引所と販売所を比較する時に、スプレッド手数料について考える必要があります。

「販売所」では確実に提示されている金額で売買できる分、スプレッド(売買差額)と呼ばれる実質手数料が含まれているので、手数料が高いというデメリットがあります。

そのため、アルトコイン「取引所」の板取引で購入できて、スプレッド手数料がないbitbank に人気が集まるのです。

[手順解説アリ]bitbank(ビットバンク)で口座開設してリップル(XRP)を割安に購入しよう!

bitbank の手数料について

bitbank ではアカウント登録手数料は無料です。

  • メールアドレスを入力して無料口座開設のボタンを押します。
  • 届いた認証URLにアクセスして必要事項を入力します。
  • 本人確認書類をアップロードして転送不要の本人確認書類を受け取ったら完了です。

その際セキュリティ設定のSMS認証もしくは、より安全な二段階認証も必ず設定しましょう。

bitbank においての各手数料は以下の通りになります。

コイン売買手数料

板取引による取引手数料は無料です。

コイン送金手数料

送金手数料は取引所のコインを送金(出金)の際に発生するマイナーに対しての報酬にあたり、bitbankではなくマイナーに支払います。

リップルはリップルネットワークにアクセスするためのトランザクションに対する使用料としてXRPが必要です。

そのため各コインによってそれぞれ定められています。

  • ビットコイン 0.001BTC
  • イーサリアム 0.0005ETH
  • ビットコインキャッシュ 0.001BCC
  • リップル 0.15XRP
  • モナコイン 0.001MONA
  • ライトコイン 0.001LTC

入金手数料

bitbank での入金手数料は各銀行の振り込み手数料が必要になります。

住信SBIネット銀行からの振り込みは無料です。

MEMO

あなたが住信SBIネット銀行に口座をお持ちなら、振込入金口座に同じ住信SBIネット銀行を選択すれば同行扱いとなり振込手数料が無料になります。

ビットバンクに住信SBIネット銀行から日曜日の早朝に振込入金。反映時間は?

他の取引所でも振込入金先が住信SBIネット銀行となっていることが多いです。

口座を開設しておくと何かとお得で便利です。

住信SBIネット銀行の口座開設はこちら

仮想通貨の入金手数料は全て無料です。

出金手数料

日本円では1000円から出金できますが、1回の出金ごとに3万未満で540円、3万円以上で756円必要になります。

ビットバンクトレードとは?

bitbank Trade はビットコインFXを専門とする中級者向けの取引所です。

FXとはある定められた期間にビットコインの値動きが上昇すると予想した場合は、新規買注文を行います。

反対に下降すると予想した場合は新規売注文を行い、その差額が利益になるものです。

その際、ビットコインを担保として取引所に預けて、預けたビットコインの20倍までの金額を扱うことができます。

これが短期間で数倍の利益を生むレバレッジというやり方ですが、必ずしも最大レバレッジをかける必要はありません。

レバレッジをかける場合は担保として預ける証拠金が必要になります。

通常は相場の変動で証拠金が不足してしまった場合には追加して預けなくてはなりません。

これを追証といい、bitbank Trade ではこの追証無しのため元本以上の損失は発生しません。

これはロスカットと呼ばれる証拠金が20%になった時に、さらなる損失を未然に防ぐために強制的に決済されるからです。

これは急激な価格変動があって、もし証拠金以上の損失が出てしまってもbitbank Trade が証拠金を超える損失分を支払ってくれるからです。

そのため、利益が出た場合は0.2%の徴収があります。

また通常FXではスワップポイントといわれる金利が毎日必要になりますがbitbank Trade ではスワップポイントがありません。

この金利は短期的な投資だとあまり気にならないかもしれませんが、戦略を練って長期で取引したい場合にも金利の影響がないのはメリットと言えるでしょう。

bitbank Trade の登録はbitbankで本人確認を完了している方でしたら、簡単に始めることができますが、bitbank Trade は中国の取引所のOKEX.com(元OK Coin )の取り次ぎをして運営しています。

今後の運営もOKEX.comの影響を受けますので、始める際にはbitbank Tradeの利用規約を読みましょう。

日本の取引所と違い、海外の取引所は金融庁の全くの管轄外になりますので注意が必要です。

bitbank のメリット・デメリットは?

bitbank では全通貨ペアの取引手数料無料キャンペーンを開催中です。

3月末までのキャンペーンでしたが、6月30日まで開催するようです。

日本でモナコインを購入できるのも魅力で、コミュニティが確立しつつあるモナコインユーザーから高い評価を受けています。

仮想通貨市場が盛り上がってサーバーがバグしたり、ダウンした取引所がある中、bitbank は正常に稼働し、現在に至るまで大きな問題は起きていません。

初心者の方でも見やすいチャートになっているのと、中級者の方が利用するツールメニューからテクニカル分析(売買のタイミングをチャートの過去の値動きで表して今後の値動きをパターン化したり予想できる)も使いやすくて人気です。

スマホからでもWEBブラウザでページを開くことができますが、アプリがないためホーム画面にお気に入り登録する必要があります。

アプリで使い慣れている方には不満が残るようです。

bitbank を利用する人はある程度大手の海外取引所と併用して使いわけをしてるためか、取り扱い通貨の数においてももの足りなさを感じるでしょう。

ですが最近では取引量や流動性において、以前より評価が高くなってきています。

セキュリティに力を入れているので、安全性を重視した取引所として知名度を上げていくでしょう。

仮想通貨ならビットバンク